売場新着ニュース インテリア・雑貨

TOP > インテリア・雑貨 > リビング > ~端午の節句~ 男の子の成長を祝い、立身出世を願いましょう

~端午の節句~
男の子の成長を祝い、立身出世を願いましょう

更新日: 2019/4/15

  •  
  •   mixiチェック
皆様こんにちは
4月も中旬、穏やかな気候が続き気分もウキウキしてきます

もうすぐ5月5日の「こどもの日」です。
今日は、皆様にこどもの日のミニ知識をご紹介いたします
こどもの日は「端午の節句」と呼ばれ、国民の休日です。
「こどもの日」が国民の祝日に制定されたのは1948年。
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する」ことを趣旨としています。
「端午」とは、旧暦の5月を「午(うま)」の月と呼び、端には「始め」と言う意味があるため、5月初めの午の日である5月5日を「端午」と呼ぶようになりました。
そして江戸時代には、1年の中でも大切な節目(節句)の行事とし「五節句」が制定されます。
「端午の節句」はその1つとされ、現代でも大切なお祝いの行事として残りました。

お祝いごとの内容は長い期間を経てさまざまに変化します。
現在では男の子のたくましい成長を願う行事となり、その節句の祝い物にはそれぞれ大切な意味合いが込められています。

吹流しと鯉のぼり
鯉のぼりの1番上には吹流しがあり、この5色の色は中国の陰陽五行説に由来しています。
この世の全ての始まり、万物生成の根源と考えられ大切な5色と云われています。
そして鯉は中国の故事「登竜門」という鯉が激流の滝を見事に登り詰め、遂には龍になったというお話に由来しています。
こうしたことから我が子の立身出世を願い鯉のぼりを家の庭先に飾るようになりました。

鎧兜
鎧や兜を飾るようになったのは、江戸時代に入った頃のちょうど勢力の主が貴族から武士へと移り代わった頃です。
一方中国ではこの節句の日に蓬(よもぎ)や菖蒲(しょうぶ)を用いて邪気を祓う風習がありました。
武将や大名達は「菖蒲の節句」は武を重んじる「尚武の節句」に繋がるではないかと、武家社会で盛んに祝うようになります。
家の世継ぎの男児が無事に成長し大成するようにと、戦場で身を守る大切な武具を飾り祀り、邪気が入って来ないようにと願いを込めました。
現代でも病気や交通事故、厄災等から我が子を守ってくれるようにと親の願いが込められています。

柏餅と粽
柏の葉は若い葉が出ないと古い葉が落ちない事から、縁起を担ぎ世継ぎが絶えないようにと食します。
粽は米菓子の1つで中国伝来なのに対して、柏餅は江戸時代に江戸で生まれた日本独特なお菓子です。
江戸文化で全国に広がった柏餅と伝統を重んじる京文化で伝承された粽。
関東で柏餅、関西で粽が親しまれる由縁です。

御祝の掛け紙
「初節句御祝」=生後初めて迎える節句のお祝いに書き入れます。
生後ひと月も経たない場合は翌年にお祝いしましょう。

御祝の贈り物
武具飾り、武者人形、鯉のぼり
初節句の御祝は本来母方の実家から贈り物をされていましたが、近年は双方で話し合いながら贈る方が多いです。

お祝いのお返し
「初節句内祝」節句之内祝と書き入れます。
節句の祝い飾りと一緒に撮った写真等添えて、お礼の手紙を同封されますと喜ばれます。

やわらかな春風に心華やぐ季節
皆様の益々のご健勝をお祈りします

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。