にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > イベント・コトコトレポート こどもたちの笑顔のために、今、できること。 絵本の魅力を伝える、コトコトイベント開催。

イベント・コトコトレポート
こどもたちの笑顔のために、今、できること。
絵本の魅力を伝える、コトコトイベント開催。

更新日: 2014.8.26

  •  
  •   mixiチェック
◎8月20日(水)~8月26日(火)  
◎4階 子育てコミュニティールーム/絵本売場
4階では、絵本を通じてこどもたちの夢と笑顔を応援するイベントを開催。8月23日(土)には、絵本の魅力や楽しさを伝えるコトコトイベントが行われました。
“生命”と“力”があふれ、こどもたちの“たからもの”になるような絵本づくりを目指す、絵本の専門出版社「こぐま社」。「絵本のある暮らしについてのおはなし会」では、絵本の専門家「こぐま社」吉井康文さんをお迎えし、こどもたちやパパママに絵本の魅力についてお話いただきました。

お部屋に集まったのは、1・2歳のこどもたちとパパママたち。絵本は、こどもとのコミュニケーション手段のひとつです。大切なのは、絵本を通じてスキンシップをしたり肉声で語り、一緒に遊んであげること。パパママが自分の声で絵本を読んであげることが大事です。

赤ちゃんは擬音語、擬態語、濁音が大好きです。ママのおなかの中で聴く音に、似ているのだそうです。目と目を合せるのもポイント。赤ちゃんが安心します。

こどもたちは、物語を耳で聴いて、絵を読んでいます。絵本の世界に入り、主人公になったり友達にもなれます。絵本の中でハラハラ、ドキドキ。楽しくなったり、悲しくなったり。想像力や記憶力など色々な力を駆使して、絵本を読みます。こどもたちが一番安心できる声で、読んであげてください。

パパママはこどもたちと一緒に楽しんで、読んであげてください。色々な発見があります。大人もこどもと一緒に、絵を読んでみてはいかがでしょうか。

“見た人を元気づけられる、作品づくり”をモットーに、ユニークなアイデアでキャラクターを生み出す、たかいよしかずさん。西宮市の観光キャラクター「みやたん」の生みの親としても知られています。作品展開催中のたかいさんとこどもたちの、楽しいイベントがあると聞きつけた「みやたん」も会場に駆けつけてくれました。(無)第2014113号

ホワイトボードを囲むように、こどもたちとパパママがいっぱい。たかいさんは、最初に「みやたん」を描くと、うさぎやきつね、恐竜やオバケなどユニークで遊び心のあるキャラクターを表情豊かに次々に描いていきます。こどもたちは思い思いにペンや色鉛筆を手にして、キャラクターを色とりどりにぬっています。おやおや!?中には、こどもたちのオリジナルキャラクターも。

完成をむかえようとするボードの片隅に、たかいさんがそっと書き込んだのは・・・。2014.8.23
たかいよしかずとおともだち。みんなで楽しんだひとときを、たくさんのキャラクターたちと一緒に
絵の中に閉じ込めました。

こどもたちの感性や創造力は、育む力によって輝き、豊かさを増していきます。西宮阪急では、
こどもたちとパパママが一緒に楽しめる遊びのヒント、学びのヒント、育むヒントをこれからもたくさんご用意してお待ちしています。

イベント・コトコトレポート 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。