にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > チンゲンサイが美味しいよ!親子セミナーレポートより 【伊藤由香-小さな食憶-】

チンゲンサイが美味しいよ!親子セミナーレポートより
【伊藤由香-小さな食憶-】

更新日: 2015/9/14

  •  
  •   mixiチェック
こんにちは。野菜ソムリエの伊藤由香です。
ホウレンソウの旬はいつ?と聞かれると
「冬!」と答えがすぐに返ってきそうです。

では、チンゲンサイの旬は?

今回の親子セミナーはチンゲンサイがテーマでした。

比較的成長が早く、暑さにも強いので年中店頭に並んでいますから、以外と「旬」の実感がない葉野菜かもしれませんが、9月から冬にかけて味に深みが出てきて、美味しい時期に入ってきています。

1970年代に中国から入ってきた野菜の中で、最も親しみがある野菜なのではないでしょうか。青い(青)葉柄(梗)をした菜から名前がつきました。アクが少なく、そのまま調理でき、歯ごたえも良いですから、お味噌汁やスープ、煮物、炒め物、サラダ、和、洋、中を問わず使えるとても便利な緑黄色野菜のひとつです。

「油と塩を少々入れた熱湯でさっとゆでる」方法でチンゲンサイのお料理を3品、そして生でいただく食べ方をご紹介させていただきました。

「さっとゆでた」チンゲサイは、色が鮮やかになり、そのまま食べてもシャキシャキとした食感♪チンゲンサイの魅力が際立ちます!

チンゲンサイと豆腐のくずし炒め

【1】油、塩少々を加えた熱湯でさっと茹でたチンゲンサイ2株を、食べやすい大きさに切る。
【2】フライパンに油少々を熱し、チンゲンサイを加え軽く炒め水100㏄を入れる。
【3】絹ごし豆腐1丁を加えて崩しながら炒め、酒大さじ1、薄口しょうゆ大さじ1弱を加える。

優しい味つけですが、チンゲンサイの美味しさが引き出され、こどもから大人までが召し上がっていただけます。小鍋に唐辛子としょうがを熱した油を、食べる直前に「ジュッ」とかければ、たちまち大人味です。

チンゲンサイのシューマイ
【1】チンゲンサイの大きい葉のみゆでる。
【2】具の用意。豚ミンチ肉100g、酒大さじ1、砂糖、しょうゆ各小さじ1、塩、こしょう少々、玉ねぎのみじん切り1/8個、片栗粉大さじ2を混ぜ合わせる。
【3】チンゲンサイの水分をペーパーでふき、小麦粉を軽くふり、茎に具をのせ、くるくると巻いて葉で具を包む。
【4】蒸気の上がった蒸し器で12~13分蒸す。

今回は、全員でチンゲンサイのシューマイを作ってみました。

小麦粉を「ぱっぱっぱ♪」と振ったり、自分が作ったシューマイの上に、角切野菜やクコの実を選んで目印としてのせたり、そして蒸し器に並べたり。

小さな手で、たくさんのお手伝いをしてくださり、ありがとうございました!!

他、ミルク煮、塩チンゲンサイとご紹介させていただきましたが、味つけは塩だけといたってシンプル。
素材の姿、美味しさと親しみと楽しい時間。どれかが少しずつ伝わって野菜の魅力を感じていただければ嬉しいです。

来月はぐっと秋も深まっていることでしょう。
次回は10月22日(木)の開催予定!秋の味覚をご紹介しながら、和やかな時間にしていきたいと思っております!
季節の変わり目です。お風邪などひかれませんよう、元気な皆さまにお会いできますことを、楽しみにしております。

伊藤由香-小さな食憶- 関連記事はこちら


<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。