にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 親子で読むあったかい絵本のススメ 【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

親子で読むあったかい絵本のススメ
【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

更新日: 2015/11/10

  •  
  •   mixiチェック
立冬を迎え、暦の上では秋から冬へ。
秋は深まりを見せ、木々もその表情を変え、豊かな森は動物たちが冬への準備に追われています。

絵本も季節にあったものを読んでほしいといつも思っています。
変わりゆく季節。移ろいのある日本で生まれ育っているのだから。
その季節をより豊かに感じてほしい。
そこで今回ご紹介する絵本はこちら。

ひさかたチャイルドより「どうぞのいす」

うさぎさんが小さなイスを作りました。
うさぎさんが作ったしるしにイスに短いしっぽをつけました。

うさぎさんはそのイスを大きな木のたもとに置き、横に小さな立て札をたてました。

どうぞのいす

初めにやってきたのはろばさんです。
かごいっぱいのどんぐりを背負っていたろばさん。
立て札を見ると・・・。
「おやなんて しんせつな いすだろう」
かごいっぱいのどんぐりを椅子に置き、ろばさんは大きな木の下でくうくうお昼寝。

つかれていたから いいきもち
せなかが かるくなったから いいきもち。

そこへくまさんがやってきました。
いすを見ると言いました。

「これはごちそうさま。どうぞならば えんりょなく いただきましょう。」
くまさんはかごの中のどんぐりをみんな食べてしまいました。
「でも からっぽにしてしまっては あとのひとに おきのどく。」

そこでかわりに、蜂蜜の瓶をかごにいれていきました。
そんなことは知らないろばさんは、くうくうお昼寝。

つぎにはきつねさんがやってきました・・・。

出版されて30年以上。今年100万部を超えたこの絵本。

絵を描かれた柿本幸造さんの生誕100年でもある今年。それだけ長い年月、多くの子どもたちに愛された作品であることを物語っています。

この絵本を読むと、優しくあったかい気持ちになります。
お話の内容、言葉の言い回しもさることながら、柿本さんのこの絵が、その優しさを感じさせてくれます。

人間関係が気薄になる今。
思いやり、心持ちのよさ、見えない相手をも思いやれる、やさしさを感じさせてくれる絵本です。

冬の足音はもうすぐそこに。
親子で心が暖かくなる絵本。いかがですか?

にしのみやぐらしブログは開設2周年を迎え、こちらでも50本近いの記事で、たくさんの絵本のご紹介をさせていただきました。

新しい一年もまた絵本を真ん中に、親子の触れ合いを笑顔を作っていただく、お手伝いが出来たらと思っています。。

たくさんのたくさんの感謝をこめて。

ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

さぁ西宮阪急もお誕生日を迎える今月。

昨年もご好評いただきました、リトミックHOPPEのトモ先生と誕生祭イベントに出演させていただきます!

【11月のコトコトステージ開催予定】
◎11月10日(火) 「絵本とリトミックで秋を楽しもう」
午前11時より:0歳-1歳クラス
午後1時より:2-3歳クラス
午後2時30分より4階エスカレーター横にて絵本と音の世界を楽しみます(こちらのみ予約不要)

◎11月24日(火)テーマ「深まる秋の絵本」
午前11時より:0-1歳クラス
午後1時より:2-3歳クラス

みなさんのご参加をお待ちしております!

詳細およびお申し込みは、西宮阪急ホームページ コトコトステージニュースご紹介ページより、ホームページ掲載後ご確認をお願いいたします。
(日程及び内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。)

内田祐子 ふわはね絵本のお部屋 関連記事はこちら


<プロフィール>
内田 祐子(うちだ ゆうこ)
ふわはねehon主宰
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。吹田市在住

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。