にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 今日は何の日?6月13日は「みょうがの日」♪ 【伊藤由香-小さな食憶-】

今日は何の日?6月13日は「みょうがの日」♪
【伊藤由香-小さな食憶-】

更新日: 2016/6/13

  •  
  •   mixiチェック
本日6月13日は、いい「みょうがの日」です。
高知県は日本一の「みょうが」の産地!
先月、高知県を訪れる機会がありました。夜に伺ったお店で目に入ってきたメニューは、みょうがの鰹味噌焼き、みょうがの酎ハイ。色々な食べ方ができるのねぇ~!と、美味しさに加え楽しさ再発見いたしました。

みょうがの独特の風味や食感。すべての特質が日本的だと表現されたものを目にした時、まさに!と深くうなづいたものです。食用みょうがの原産地は、アジア。日本原産とされる野菜のひとつです。

みょうがの持つ香り成分はαピネン。胃の働きを活発にし食欲をUPさせてくれたり、消化を助けてくれたり、血行を良くし体を温めてくれると期待されています。なに、なに?眠気も覚まして、頭をスッキリとさせてくれる?!とも。薬味で終わらせるにはもったいない食材です。
香り成分は揮発性なので、生でたっぷりといただくのがオススメ。これから迎える暑い夏、食欲がなくなった時にもぴったりの簡単な一品を。

みょうがと高菜漬けの豚ミンチ レタス包み

豚ミンチ肉  120g
みょうが    4本
高菜漬け    30g
しょうが    少々
A 薄口しょうゆ 小さじ2
  砂糖       小さじ1/2
  レモン汁       大さじ2

レタス    適量

【1】みょうが、しょうがはみじん切りにする。高菜漬けはさっと水洗いし、水気を絞って刻んでおく。
【2】沸騰した湯で、豚ミンチを茹でざるにあげる。
【3】Aを合わせ【1】【2】を和え、レタスを添える。

レタスに包んでいただきます。

まさにみょうがは、和のハーブ。

夏野菜と漬けたみょうがのピクルスで、野菜たっぷりサンドウィッチを作ってみました。

みょうがとレタスのサンドウィッチ


みょうがのピクルス(水気をきったもの)  3個
きゅうり(薄切りにして塩もみし水気をきったもの)1本
レタス        6~8枚
クリームチーズ  適量
サンドウィッチ用のパン   2枚

【1】クッキングシートを広げ、その上にマヨネーズを薄くぬったパンを置く。
【2】レタスの半量をたたんでのせる。その上にみょうがのピクルス→クリームチーズ→きゅうり→残りのレタスをのせパンを重ねる。
【3】パンを手で押さえながら両端のクッキングシートを中央にもってきてでしっかりと包む。さらに上下ともしっかりと包み、クッキングシートごとナイフで半分にカットする。

断面が初夏らしいサンドウィッチの完成です。

さぁ、6月。みょうがの旬を迎えました。この夏は薬味だけではもったいない風味満載の「みょうが」をたっぷり楽しんでみませんか。
それでは、本日もどうぞ素敵な「いいみょうがの日」をお過ごしくださいませ!

今月の親子セミナーは6月22日(水)です。6月からWEBでのお申込みとなりました。ご参加くださいますみなさまとお会いできますこと、心から楽しみにしております。また6月23日(木)はキッチンステージにて、こだわり野菜の会の農家の方々と一緒にトマトをご紹介予定です!

伊藤由香-小さな食憶- 関連記事はこちら


<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。