にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 絵本からその道のプロと出会うのススメ 【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

絵本からその道のプロと出会うのススメ
【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

更新日: 2017/9/12

  •  
  •   mixiチェック
季節は夏から秋へ。
空の色が、雲の形が、聞こえてくる虫の声が。頬にあたる風が、秋の訪れをおしえてくれる。


絵本は、いろいろな方が書かれています。
絵本作家さんはもちろんですが、詩人の方、歌人の方などの絵本も大好きな私。
そんな中でも異色な、ジャズピアニストの山下洋輔さんが書かれる絵本の世界感に惹かれる。
「つきよのおんがくかい」福音館書店

満月の夜。山のてっぺんで月を見ようと、こうちゃんが山を登っていくと、向こうからクマがピアノを担いでやってきて・・・。ベースの馬と、ドラムのネコ、そしてサックスをふく犬。
月夜の音楽会のはじまりです。

まずはウマがベースをはじきます。
ぶんぶんぶんぶん

ネコがドラムをたたきます。
シャンシャカシャンシャカ スタタタトン

その道を極めると、その人にしか見えないものがあると思っています。
音楽、ジャズの世界を極めた山下さんだからこそ、見える聞こえる音の世界を、この絵本は垣間見させてくれます。


その音はもしかすると、凝り固まった大人の耳よりも、
やわらかく何の先入観もなく、乾いたスポンジのような吸収力で、こどもは身体で感じとっているのかもしれません。

この絵本を楽しみ育つ子が、やがて大きくなり、山下洋輔さんの音楽に出合ったとき。この絵本と繋がったときのことを思うとワクワクする。

いろいろなジャンルのその道のプロと出会えるのも、絵本の素晴らしさのひとつだと思います。

それは絵も同じく。
油絵、色鉛筆、版画、切り絵、コラージュ、水彩、クレヨン、彫刻、写真などなど。

その道のプロと出会える、最初の場でもあると私は思います。

ふわはね絵本のある時間 in コトコトステージ
絵本を暮らしの中に取り入れ、季節の彩りを添え、小さな人たちと読み合い楽しむ、おやこの教室「ふわはね絵本のある時間」。

絵本の読み聞かせを中心に、手遊びやわらべ歌をいれたプログラム。幼い子との暮らしがより豊かにちょっと賢くなる絵本術、子育て術を伝授します。

<9月のスケジュール> 
今月のテーマ「お月さまとおやすみなさいの絵本」
◎9月12日(火)
午前11時より:はじめて絵本クラス
午後1時より  :2歳~3歳クラス

◎9月29日(金)
午前11時より:0歳クラス
午後1時より :1歳クラス

詳細およびお申し込みは、西宮阪急ホームページコトコトステージニュースページより、ホームページ掲載後ご確認をお願いいたします。
(日程および内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。)
皆さまのご参加をお待ちしております。

内田祐子 ふわはね絵本のお部屋 関連記事はこちら


<プロフィール>
内田 祐子 (うちだ ゆうこ)
絵本と絵本からの発展体験「ふわはねehon」主宰
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽しみ方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。