にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 親子セミナーレポート&みんな大好き「バナナ」より♪ 【伊藤由香-小さな食憶-】

親子セミナーレポート&みんな大好き「バナナ」より♪
【伊藤由香-小さな食憶-】

更新日: 2018/4/16

  •  
  •   mixiチェック
八重桜とともに若葉眩しく、新緑が美しくなってきました。
ご入園、ご入学新たなスタートをお迎えの皆さまおめでとうございます。
大きなランドセルを背負ったピカピカの1年生と一緒に登校する娘の姿に成長を感じた新学期。
新しい気持ちで迎えた4月の親子セミナーでは眩しいほどに可愛い「おいしい かお♪」に出会えました。みんな大好き♡バナナがテーマ。

初めて見たバナナの育つ姿は旅先でのこと。
上を向いてたわわに実る姿は驚きました。バナナの花だと思い込み喜んで撮影した写真です。しかし、この紫色のものは苞(ほう)と言いこの中に雄花と雌花が入っていて苞が枯れて外れるとバナナの花が咲き出すことを後に知りました。先端にある花が落ちバナナ大きく太り始めると太陽の光を求めて上の方向へと反り返っていくのですって。

背が高いのでバナナの木だとばかり思っていたものは葉鞘(ようしょう)で葉が重なって巻いたものだったことも後に知りました。今であれば、写真もバシバシ撮っていたのでしょうが、バナナの写真がこれのみとは…もう一度いつか見る機会をもちたいです。

さて昨今、目にするようになった高地栽培バナナ。ちょっと高価なバナナからお手軽バナナまで価格もいろいろ。身近な果物だけに、何が違うのだろう?

バナナベルトとも言われ、赤道を中心に南北ベルトのように点在した熱帯地方で多く栽培されているバナナ。昼、大きなバナナの葉は太陽の光を浴びて呼吸と光合成をしせっせとでんぷんなどの養分を蓄えます。夜になると蓄えられた養分を糖に変え各部に運ばれ余った分は蓄えられます。
植物には呼吸のみ行う休息時間の夜、標高が高い山では夜はぐっと気温が下がります。呼吸もゆっくり、使われる糖は減り蓄えられる糖が多くなります。成長も低地より高地になると2~3ケ月ほど長い月日がかかります。

寒暖差と成長期間の違いが生む糖度や濃厚さや実の触感。

店頭のバナナコーナーではどの位の標高で栽培されたバナナなのかを価格とブランド名の横に「スーパーハイランド」「ハイランド」「ミッドランド」「ローランド」と記載をしてくれています。バナナマウンテンのポップと合わせてとても分かりやすいなと思っています。参考にバナナを手にとってみるのも楽しいですよ!

当日はスーパーハイランドとローランドをブライドテイストで食べ比べをしてみました。皮の表面ポツポツと黒い点、シュガースポットが現れ出すと甘さも口当たりも濃厚な頃。状態によって個体差があるので一概には言えませんが先入観なく口にすることで自分好みの新たな気付きがあったら嬉しく思います。

因みにバナナの皮を剥いた時に実についてくる筋は維管束と言ってバナナに養分を運ぶ大切な筋。食味は良くはありませんが、抗酸化作用が強いとも言われています。

バナナの皮を器にバナナとフルーツの簡単な盛り合わせを皆さまと一緒に作ってみましたが、こちらはサラダ仕立てにしたものです。クリームチーズを牛乳で伸ばし所々に絞り黒コショウを挽きました。バナナや野菜を付けながら頂きます。

さて、今日はどのバナナを選びましょうか♪


次回の親子セミナーは野菜がテーマ。
4月24日(火)はレタスと共に皆さまにお目にかかれますこと楽しみに致しております♪
5月14日(月)は野菜、5月23日(水)は果物の予定です。

伊藤由香-小さな食憶- 関連記事はこちら

<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。