にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 王様トマト 親子セミナーレポートより 【伊藤由香-小さな食億-】

王様トマト 親子セミナーレポートより
【伊藤由香-小さな食億-】

更新日: 2018/7/2

  •  
  •   mixiチェック
遠くに大きな雲。雷ゴロゴロ。
じりっと肌に刺すような日中の太陽。
いよいよ、夏の到来です。
連日の暑さ。手に取る野菜はやはり夏野菜。身体が欲していることを感じます。

王様トマトをテーマにした過日の親子セミナー。
JA兵庫六甲こだわり野菜の会 「王様トマト」の生産者のお一人 遠藤晃久さんにもご登場いただき王様トマトの魅力に迫りました。

王様トマトとは・・・赤熟もぎりとは・・・そんな疑問にもお答え下さいました。
畑でしっかりと赤くなってから収穫する完熟採りのトマトです。果肉がしっかりとしている品種のため、樹上で真っ赤に熟すまで成らすことができます。
完熟まで樹上にあるということは、その分太陽をしっかりと浴びているのでうま味、栄養価もぎゅっと詰まったトマト。

さらに、今回は開催当日に合わせて、完熟した王様トマトを収穫後、さらに追熟してくださったトマトをご用意くださっていました。

そう、トマトは追熟するので完熟トマトでも購入後さらに常温で置いておくのも保存方法のひとつ。もうワンランク上の美味しさ感じることができます。


まずは簡単なのにとっても美味しい王様トマトの冷製スープです。ほんの少し塩と少量のオイルをを加えてただ、ミキサーに回し(または刻む、すりおろす)冷蔵庫で冷やすだけ。
トマトの細胞壁を壊すとうま味やコクが増し、さらにリコピンは脂溶性なので脂質のものと一緒に食べることで吸収率を高めてくれると言われています。
冷蔵庫をチェックしてみてもし、ミョウガ、大葉、パプリカ、きゅうり・・・と残っている夏野菜があれば角切りにして添えても◎。簡単な和風のガスパチョの完成です♪


完熟でも果肉がしっかりとしているので扱いやすい点も優れもの。トマトを丸ごと使ったトマトのファルシをご紹介しました。

くり抜いた中身は、刻んで鍋に入れて塩ひとつまみ加え半量になるまで煮詰めます。仕上げにバターまたはオイルを加え、塩で味を調えたソースにしました。加熱をすることでもうま味やコクを増すひとつの方法。くり抜いたは表面だけでなく中身の温度と美味しさも上がるように中に少量のオイルを加えること、詰め物の肉だねの塩も良ければ一度測ってみて下さいね。


幼稚園の給食にも使われている遠藤さんの野菜。
食べるものを選択できない小さな子どもたちが、大切に作られている、確かな味の野菜を無邪気に笑顔で口にできるだなんて幸せだなと感じました。毎食の小さな重なりが小さな身体を大きく作るのか、と娘へのひとさじの大切さを改めて私が思い出した時間でもありました。

トマトのファルシ

王様トマト(小)5~6個
塩 少々
オリーブオイル 少々

玉ねぎ 1/4個
木綿豆腐 150g→水切りをし100g
A合いびき肉 100g
 塩     1.6g
 こしょう  少々

お好みのチーズ

【1】王様トマトは上1cm程を切り、中身をくり抜き軽く塩、オイルを回しかける。
【2】玉ねぎはみじん切りにし軽く透き通る位まで炒める。豆腐はペーパーに包み水気をよく切る。
【3】袋に【2】とAを入れてしっかりと練る。5~6等分にしてトマトに詰、200℃にオーブンで15~20分約。一度取り出しチーズをのせてさらに5~8分焼く。 

次回の親子セミナー
7月3日(火)きゅうりをメインに一足早い七夕メニューをご紹介します。
7月23日(月)夏の絵葉書に描きたくなる、すいかがテーマです。
8月28日(火)夏休みも終わりの頃。楽しいテーマを考え中です♪
ご参加心よりお待ちしております。

<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

伊藤由香-小さな食憶- 関連記事はこちら


新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。