にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 発酵食品で毎日Happy♪健康づくり夏じたく☆★☆ 【平井美穂 こどものからだと栄養】

発酵食品で毎日Happy♪健康づくり夏じたく☆★☆
【平井美穂 こどものからだと栄養】

更新日: 2019/6/24

  •  
  •   mixiチェック
夏も近づくと発酵食品の季節
ぬか漬けやすぐき、酢の物と、少し酸味や滋味深い発酵食品を身体が欲するようです。昔は米と麹を発酵させた「甘酒」も暑い夏場、滋養強壮のために飲んだもの。現代のように栄養学など確立していない時代でも発酵食品が食養生に活かされてきました。

発酵食品とは、人の身体に有益な微生物が繁殖して元の食材の成分が変化した食品です。
発酵の過程で糖質や蛋白質が分解され、ビタミン類やアミノ酸など新たな栄養成分が生成されることで栄養価が高まり、旨味も増し、消化吸収も良くなります。
乳酸菌などの微生物による整腸作用から免疫力が高まる、ゆえに過酷な季節を元気に乗り切れる!お勧め食材となるわけです

私達日本人は古来から発酵食品を日常で摂ってきました。調味料だけでも味噌、醤油、魚醤、みりん、酒、塩こうじ・・・すべて発酵食品です
その他、漬物や保存食としても地域の特産物を活かして発酵食品が作られています。

数多くある発酵食品の中でも毎日積極的に摂るのであれば、糖や塩分の心配が少ない食品がお勧めです。酢や納豆、味噌、塩分を控えたぬか漬けなどは毎日少量ずつ摂られても良いでしょう。
(納豆はワーファリンを服薬されている方はお控えください。その他、高血圧など持病のある方はかかりつけ医の指示に従ってください。)

酢は、特に夏場、食中毒を予防する防腐効果があり、疲労回復や美白効果、カルシウムの吸収を高める働きが期待される嬉しい食材。
酢の物など料理を一品添えるも良し、料理に酢を一匙かけるも良し、飲み物に酢を一匙加えるのもお手軽です。

牛乳や豆乳100mlにフルーツ酢を大さじ1杯加えて混ぜてみてください
飲むヨーグルトのようなトロミ感と、爽やかな甘さ、満足感もあるので間食にお勧めなヘルシードリンクになりますよ
 
納豆にもフルーツ酢を匙1杯加えて混ぜれば、泡立ちと喉越しよく、一層美味しく召し上がれます

ぬか漬けは、私は塩分を極力控えて糠床をつくり、<乳酸菌を染みこませた野菜>の感覚でいただきます。物足りなければ生姜醤油をチョンと漬けて。塩分の少ない糠床はコンパクトにして冷蔵庫で保管します。

次回は少量ずつぬか漬けが作れる富澤商店さんの人気商品「モミーナ」をご紹介しましょう
お楽しみに♪

〈プロフィール〉
平井 美穂(ひらい みほ)
管理栄養士・食物栄養学修士・調理師
兵庫栄養調理製菓専門学校 栄養士科講師
NPO関西ウエルネス研究所理事
平井外科胃腸科クリニック(神戸市東灘区岡本)、その他透析病院等を含め医療機関にて栄養指導を行う。百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案など、乳幼児から高齢者までを対象に幅広い年齢層に対し、食と健康に関する講演会や料理講習会を行う。

平井美穂 大人とこどものからだと栄養 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。