にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > ふきのとう 届けてくれる春♪ 【伊藤由香-小さな食憶-】

ふきのとう 届けてくれる春♪
【伊藤由香-小さな食憶-】

更新日: 2020/2/3

  •  
  •   mixiチェック
今日は節分。
明日から暦の上では春です。

旅先で見つけた小さな蕾。
もしや!と近寄ると香ると顔を出したふきのとうでした。

娘の国語の宿題で毎日のように聞いていた音読より、良いリズムだなぁと思っていた、雪解けから顔を出したふきのとうのシーンが思い出されました。

春。

明るい緑の野菜たちが並び始めました。春野菜に含まれるほろ苦さのアルカノイドなどは肝機能をサポートしてくれる働きが期待できます。冬の間眠っていた細胞を目覚めさせ低下していた機能を促進。ふきのとうの個性豊かな香りはフキノリドですが、胃腸の働きも期待されています。


続々と並ぶ芽野菜。食べ物から体も春の準備を始めませんか。

手に入れたのは少し大きめのふきのとうでした。

大きなものはアクも強いので、蕾が閉じていて小ぶりが良いと言われています。色の違いで見分けることができる雌花、雄花がありますがどちらも頂くことができます。アクが回らないうちに早めに調理!がやはりポイントです。

そろそろ今年も味噌づくりの季節だと連絡を受け、昨年の味噌壺も空けないといけないし、と少し熟成した味噌で、ふきのとうみそを作りました。

水で洗い、根元が黒ずんでいただら包丁で少し切ります。

熱湯で1分30秒から2分程茹で、冷水につけます。水気を絞り刻み(食べてみて強く特有の苦みを感じるようであればさらに冷水にしばらくさらす)、熱した油で炒めます。合わせておいた甘味噌を加え軽く練るように炒めればふきのとうみそのできあがり。
最近よく目にするようになった、植物「ラカンカ」からとれる植食物由来の甘味料を使えば、糖質を気にされている方にも優しい甘味噌になります。

春人参、かぶ、春キャベツなどにつけたり、炊き立てごはんにのせて♪と春の香りを楽しめます。

広がりに心配される新型コロナウィルスにも注意は必要ですが、何より日々のバランスの良い食事に適度な運動と睡眠。健康な身体づくりが基本なのでしょうか。春に向け、規則正しい生活の心がけも大切ですね。

【ふきのとうみそ(材料)】
 ふきのとう  8~10個
 こめ油  大さじ1
 Aみそ 大さじ4
   砂糖(またはラカントS)大さじ2
   みりん  大さじ2

<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。


伊藤由香-小さな食憶- 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。