にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 春の野菜のホットサラダ!さぁ蒸し焼きにしよう♪ 【伊藤由香-小さな食憶-】

春の野菜のホットサラダ!さぁ蒸し焼きにしよう♪
【伊藤由香-小さな食憶-】

更新日: 2020/2/17

  •  
  •   mixiチェック
過日、今年で3歳になった兵庫生まれいちご姉妹「紅クイーン」と「甘クイーン」。
生みの親でおありになる、兵庫県立農林水産技術総合センター山本晃一さんのお話を今年も拝聴するのも3回目。育成までのかかられたであろう大変さはお察ししながらも、それ以上に何度聞いてもいちご姉妹への愛情いっぱい、想いをのせた素晴らしいお話でした。
まだ多くの生産量もなく遠くへの流通はありませんが、今、まさにシーズン。
見た目のインパクト大、粒の大きさは自慢できます。大きな口で頬張れば、溢れる出てくる果汁からはほのかな心地よい香り、甘酸っぱい紅クイーンはプロの方に大人気だとか♪
絵にかいたようないちごの容姿と甘~い顔立ち。やわらかい果実のいちごは是非採れたてを頂きたい!期待を裏切らない甘味溢れる甘クイーン♪

西脇市、三木市などではいちご狩りできる農園もあり、いちご狩りしたいちごをカフェへ持っていくとスペシャルいちごパフェにしてくれると言う
何とも目が♡になってしまいそうなイベントもされているようですよ!

旬のいちごとの出会いを求め、是非お出かけ下さいませ♪

春に向かう2月の畑。
父の露地いちごは…というと、5月に向けてまだ一生懸命覆われた地面に葉を広げて這いつくばっていました。

芽キャベツの成長は面白い。
茎の横にポコポコとつけます。初めて見た時は、衝撃的でした。ピクルスもよし、ボイルもよし、フリットもよし。ブロッコリーを収獲した後、さらに脇芽から伸び花蕾をつけた茎ブロッコリーを収穫させてもらいました。隣でどーんと大きな葉の中にはカリフラワーがまだ小さく葉に守られていたのでそっと見守ることにしました。

さて、こちらはJA兵庫六甲こだわり野菜の会遠藤さんの圃場。露地に咲いた菜の花が美味しそうな蕾をつけていました。柔らかくて、軽やかなほろ苦さがクセになります。
西治さんのハウスではチンゲン菜の菜の花が健やかな成長をみせていました。また違った香りを感じる菜花。近く店頭にも並ぶのかと想像するだけで楽しみです。

手に入った春の芽や花蕾野菜を並べます。手をかけなくとも春の野菜それだけで味わい深いのでホットサラダを作りました。うすい豆はさやから出さずにフライパンでじっくりと蒸し焼き。一旦
取り出し、同じフライパンで他の野菜を並べ塩をふたつまみ。水を大さじ2程加え蓋をし蒸し焼きにすること7分。

先ほど蒸し焼きにしたうすい豆を莢から出し、ケイパ―ペリーの酢漬けとその漬け汁少々、オイルを回しかけ、仕上げに蕾から小さな花が咲いた菜の花も添えた春のホットサラダです。

梅の便りに、友人、身内からも桜咲いた吉報の便りあり。春はすぐ近くまで来ていますね。

<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

伊藤由香-小さな食憶- 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。