Men's Creators Month

NEWS

Creator’s Voice

橋爪 悠也 わずか5分で"それほど似てない"似顔絵が完成。
描くのは無機質で謎に包まれた販売機。
彼が博多阪急でみせるものとは。

開発者はアーティスト橋爪 悠也さん。
青春時代の地元アパレルショップでの交流や、自身のアパレル経験がアイデアの種だ。「店でものを買う価値が変化しつつある、それでも現場(店)でしか体験できないものを作りたいと考えました。まぁ、洋服を売る販売機ではないんですが(笑)」博多阪急×ストリートカルチャーという挑戦に関しても「こういうことがきっかけで、ふらっと入って楽しい百貨店になっていただけるとうれしいですね。」と意気込みを語った。
イベントではさらに自身が影響を受けた漫画、アニメ、ゲームをベースに、阪急ツアーイベントのための作品も展示、販売。

YUYA HASHIZUME/橋爪 悠也
1983年岡山県生まれ。10年間アウトドアブランドで販売、プロモーションに携わり、その後、イラストレーションの道を歩む。イラスト以外にもハシヅメユウヤ名義の似顔絵販売機「ヘンナーベンダー」や、植物調査の映像作品、アパレルショップのグループ展など活動は多岐に渡る。

EVENT

「YUYA HASHIZUME」 Art Exhibition
■ 3月25日(水)~31日(火)
■ 2階 アミュプラザ博多側特設会場


ハシヅメユウヤのヘンナーベンダー人力顔面絵描販売機
①3月28日(土)午前11時30分~午後2時30分/午後4時~8時
②3月29日(日)午前11時30分~午後2時30分/午後4時~7時
■ 2階 上りエスカレーター前特設会場
■ 参加費:1,650円
■ 定員:各日先着50名様
※参加者多数の場合には、お待ちいただき、お並び順にご案内をさせていただきます。
※予定人数に達した段階で、受付を終了させていただきます。

SHOETREE 杉本 浩介
×BANANA YAMAMOTO

見る人を惹きつけ、離さない。
オリジナリティーあふれる作品を
生み出す両者がコラボレーション。

スニーカーを植木鉢にした「SHOETREE」のコンセプトは“劣化の正当化”。「時間とともに劣化していく状況を本来の用途以外で楽しめないか」という杉本さんのアイデアから生まれた作品だ。一方「手で描く1つ1つ異なる“点”のいびつさに惹かれた」ことで独自のスタイルを築いたBANANA YAMAMOTOさん。「“面倒くさい”の価値が高まると感じ、自分にとって1番の“面倒くさい”ことを選んだ」という点描の作風に注目いただきたい。

2019年にイベント出展で知り合ったというふたり。このコラボレーションで期待するのが“相乗効果”だ。福岡が初めてというBANANA YAMAMOTOさんは「これまでの技術とSHOETREEさんのアイデアで、どんな新しい作品が生まれるのかが楽しみです」と意気込みを語った。

PROFILE

「SHOETREE」杉本 浩介
バランスの両立、最適な誇張であり過度の装飾にならぬよう「劣化の正当化」というコンセプトのもとに、スニーカーを鉢代わりに植物を飾る作品を制作。

BANANA YAMAMOTO
0.01㎜の細かい点から大きな点の作品まで日々“点”の可能性を探求しているアーティスト。平面から立体、異業種とのコラボレーションなど精力的に作品を発表している。

「SHOETREE」「BANANA YAMAMOTO」Art Exhibition
■ 3月18日(水)~24日(火)
■ 2階 アミュプラザ博多側特設会場

Featured Events

MINOTAUR INSTITUTE

“九州と世界を繋ぐ、結ぶ”をキーワードに、現代に、そして一歩先に求められる快適な日常着を提案する「MINOTAUR」が実験的なアプローチでヒト、モノ、コトを編集、発信。日々の生活にちょっとした発見と刺激を与える、プロダクト、フード、カルチャーで人と人を繋ぎ、提案するイベント。

「MINOTAUR INST.」
現代に、そして一歩先に求められる快適な日常着をテーマに掲げるアパレルブランド。イベントでは新作コレクションをいち早くご紹介。

「住吉酒販」
“酒に笑う人生”をテーマにお酒でつながるすべての人々の幸せをねがう、福岡市博多区住吉の酒店。パリで発表されたばかりの「白糸酒造」「MINOTAUR INST.」コラボレーション限定ボトルも数量限定で登場。

「Bike is Life」
福岡県あさくら発、元マウンテンバイク日本代表選手の山田 大五朗氏が手がける自転車ライフスタイルブランド。大人用、こども用の自転車やアパレルウェアをご紹介。

EVENT

MINOTAUR INSTITUTE
■ 2月26日(水)~3月10日(火)
■ 1階 メディアステージ

POP UP STORE「LULU CO-OP」

福岡・薬院のCOFFEE&CAKEスタンド「LULU」と福岡を拠点に活動するアーティスト・佐々木 亮平氏とのコラボショップ。数量限定のオリジナルグッズの販売や、コーヒーのテイクアウトも。

EVENT

POP UP STORE「LULU CO-OP」
■ 3月11日(水)~17日(火)各日午前11時〜午後7時
■ 2階 アミュプラザ博多側特設会場

2020 SS NEW Items

ヴィヴィアン・ウエストウッド マン

カットソー 37,400円
【博多阪急・阪急メンズ大阪・阪急メンズ東京限定】

17世紀に見られた、織物を切断して装飾する“スラッシュ”という技法から着想。裏毛素材にアートワークをラバープリントし、スラッシュをレーザーでヒートカットしたスペシャルテクニックが光る1点。

ディータ

STATESIDE LIMITED 74,800円【限定3】
【博多阪急限定】

不動の人気を誇るモデル“STATESIDE”。今作は、気品漂うブラック×ローズゴールドカラーに仕上げた数量限定モデルが登場。フロントの存在感に加え、ブランドオリジナルの極細テンプルによる掛け心地の快適さも魅力です。

ディーゼル

D-VIDER ジョグジーンズ 46,200円
【博多阪急・阪急メンズ大阪限定】

人気を誇るスキニーデニム“D-VIDER”のジョグジーンズ。ダークインディゴをベースにウォッシュ加工を施すなどクリーンな印象に仕上げ、履き心地にもこだわりました。

ワイスリー

「アディダス」と山本 耀司によって、“Craft・Travel・Yohji Made・Swim”という4つのテーマを表現。さらにクラシック(定番)として洗練されたアイテムをシーズンを通してラインアップすることで、コレクション全体の統一感も楽しめます。

オム プリッセ イッセイ ミヤケ

今季は鉱石や岩石からインスパイアした“ROCKシリーズ”が登場。鋭利な石のごとく、エッジの効いたデザインや、鉱石の色から抽出した深みのあるカラーリングがファッションをさらに特徴的に彩ります。

ネイバーフッド

シーズンコンセプトを設けず、プロダクトを“BASIC・MODERN・CLASSIC・MILITARY”の4つのカテゴリーに分別。普遍的な要素と時代のトレンドをブランド独自の解釈で再構築し、提案します。

ヨウジヤマモト

風をはらみ鮮やかに揺れるフレア。薄く軽やかなベルベット地のボトムのレイヤードスタイル。軽い素材を重ねていく事で躍動感や軽快さを感じるコーディネイト。