TOP > スタッフブログ > ベビー/キッズ > 毎週火曜日は『こどもの健康づくり講座』

毎週火曜日は『こどもの健康づくり講座』

更新日: 2015/9/22

  •  
  •   mixiチェック

子育てコミュニティールーム

こんにちは
コミュニティールーム担当 首藤です

毎週火曜日はNPO法人こどもとくすりによる
子育て・医療の専門家に学ぶこどもの健康づくり講座です
本日はパパ薬剤師 中村守男先生がお話くださいます

11時からは体の発達とおちんちんのケアを知ろう!です

この講座ではおちんちんの構造からケアの方法までお話し頂きました
タマタマは動くそうですこれにはパパでもビックリなかなか気付かないですね

おちんちんのケア
陰部も皮膚なので清潔がキホンだそうです
タマタマのしわもしっかり伸ばして拭いてあげましょう

むいたほうがいい?むかなくていい?
先生によって意見が違うようですが、どちらが正解というものはないそうです
ただし汚れがたまりやすく炎症を起こしやすい子は一度病院に行ったときに相談をしたほうがいいそうです

13時からは子どものアレルギー「キホンとギモン」~食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の違いとは?~です

アレルギー・アトピーって?
アレルギー・・・ストレス、花粉、ハウスダスト、食物等に体が反応する免疫機能
アトピー・・・通常は反応しない少量の抗原で反応

アレルギーの種類
・アレルギー性鼻炎
・アレルギー性蕁麻疹
・アトピー性皮膚炎
・アレルギー性結膜炎
・食物アレルギー
・気管支喘息

食物アレルギー・・・口にした食物に対し体が反応(内側からの刺激)
アトピー性皮膚炎・・・汗や埃、服などに対し体が反応(外側からの刺激)

アトピー性皮膚炎の子は食物アレルギーの持っていると思っている方もいらっしゃるそうですが、原因が全く違うので必ず食物アレルギーがあるとは限らないそうです

14時30分からは「ステロイドは大丈夫?」病院でもらう塗り薬の使い方です

保湿剤の使い方
目的:皮脂補って保湿
保湿剤は全身使ってOKだそうです「塗った所を子どもが舐めてしまう・・・」と心配される方もいらっしゃるそうですが、チューブ等から丸まる大量に舐めない限り大丈夫だそうです

ステロイドの塗り薬の使い方
・回数:1日2回~3回
・量:2cmで手のひら2枚
・目的:掻かせない
・注意:途中で止めない

ステロイドの副作用はお子様によく処方されるステロイドの強さ
『マイルド』の5gのチューブを1日22本を3ヶ月使い続けない限りは心配しなくていいと言われているそうです
ステロイドは自己判断で使用を中止せず途中で止めないことが一番大事だそうです

お越し頂きありがとうございました
本日は祝日のためパパもたくさん受講して下さいました
またお待ちしています

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。