TOP > スタッフブログ > ベビー/キッズ > こどもの健康や子育てについてのお話。

こどもの健康や子育てについてのお話。

更新日: 2016/11/29

  •  
  •   mixiチェック

子育てコミュニティールーム

こんにちは
コミュニティールーム中村です

毎週火曜日はNPO法人こどもとくすり
子育て・医療の専門家に学ぶ「健康×子育て」講座
です

11時からはママ小児歯科医 江上 麻美先生による
0歳・1歳、歯と口のお手入れどうするの?です


準備期(6ヶ月頃)
下の前歯が生えてくる頃で、唾液の分泌量が増える時期でもあります
唾液によって下の前歯の汚れは洗い流されるため、「歯磨きしなきゃ!」と意気込む必要はないそうです
お子様にとってはお口の中を触られることに慣れる時期、お母様にとっては心構えをする時期でもあるそうです

導入期(1歳頃)
上の前歯が生えてくる頃で、毎日の生活の中に仕上げ磨きを導入する期間です
夜間の授乳の回数が多い方は要注意
寝ている間は唾液の分泌量が少なく汚れが洗い流されにくいため虫歯になりやすいそうです

心配な方は朝も仕上げ磨きをしてあげるとよいそうですよ
1日1回の仕上げ磨きがとにかく大切です

質問にもあった歯医者に行き始めるタイミングや歯ブラシの選び方や上手な歯磨きの方法なども詳しくお話いただきました

13時からはパパ薬剤師 中村 守男先生による
旅行・帰省前に知っておきたい!赤ちゃんの健康観察ポイントです


「食べる寝る遊ぶ出す」の4つをチェック
病気の症状が出る前にはこの4つがダウンすることが多いそうです
いつもより食欲がない、うんちがゆるいなどママさんだからこそ分かる変化があると思います
熱が出ている場合でもこの4つがいつも通りであれば心配する必要は無いそうです

写真やメモなどに記録する
なにか様子がおかしいと思ったら「食べる寝る遊ぶ出す」の4つを中心に記録を残しておきましょう
食べた物や寝つき具合など、病院で聞かれそうなことを予めメモしておくと伝え忘れも減りそうですね
「何時頃何をしたのか」時間まで分かるとより診断しやすいそうです

14時30分からはパパ薬剤師 中村 守男先生による
イザという時に備えて、知っておきたい「こどもの急な発熱」への対応~家庭ケア~です


熱の基本
みなさんはお子様の平熱をご存知ですか?
発熱とは38度ぐらいのことを言うそうですが、ご飯を食べたり寝たりすることで体温が上がることもあります
熱は一日の中で上下するため、平熱を知りたい場合は毎日決まった時間に測るとよいそうです

発熱時のおうちでの過ごし方
洋服を一枚脱がせたりこまめに水分補給をして気持ちよく過ごすことが第一
「熱過ぎない、長過ぎない、湯冷めしない」の3つに気を付ければお風呂もOKだそうです
お子様の様子を見ながら対応してあげましょう

本日もご参加いただきありがとうございました
また次回のお越しをお待ちしております
イベント応募はこちら

12月6日(トイレトレーニングの進め方/冬に流行る病気から赤ちゃんを守ろう!/体の発達とオちんちんのケア)のご予約はこちらから。

イベント応募はこちら

12月13日(年末年始を楽しく健やかに過ごす漢方養生/離乳から卒乳へ/朝までぐっすり!夜寝る赤ちゃん)のご予約はこちらから。

イベント応募はこちら

12月20日(むし歯菌って母子感染するの?/病院でもらう塗り薬の使い方/こどもの急な発熱への対応)のご予約はこちらから。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。