TOP > スタッフブログ > ベビー/キッズ > おやこで聴くいのちのお話~誕生学~

おやこで聴くいのちのお話~誕生学~

更新日: 2017/6/17

  •  
  •   mixiチェック

こんにちは
コミュニティールーム中村です

本日11時からは「おやこで聴くいのちのお話~誕生学~」
担当は誕生学アドバイザー 加藤 多恵さんです


いのちのはじまりの大きさは約0.1ミリ、紙に針でチョンと穴を開けたくらいの大きさです
実際に穴を開けた紙をお渡しして、目で確かめました

お母さんから栄養をもらいながら、米粒ぐらいになり、小豆ぐらいになり、ピーナッツぐらいになり、赤ちゃんの姿へと成長していきます


お腹の中では羊水というプールの中で生まれるまでの時間を過ごします
お腹の中では指しゃぶりをしているそうですね
生まれてからお母さんのおっぱいを上手に飲めるようにと、誰に言われたわけでもないのに自分で練習しているそうです


赤ちゃんが生まれてくる方法についてもお話いただきました
いのちの道を通って生まれる方法と、お腹に窓を開けてお迎えに行く方法の2つがあります

パネルやお人形、骨盤の模型などを使って、目で見ても分かるようにお話ししていただきました


本日はご参加いただきありがとうございました

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。