TOP > スタッフブログ > ウォッチギャラリー > ☆CASIO(カシオ)よりカーボンモノコックモデル登場☆

☆CASIO(カシオ)よりカーボンモノコックモデル登場☆

更新日: 2019/3/22

  •  
  •   mixiチェック

ウォッチギャラリー

新しい門出の時、恋人と二人の時、勝負の時・・・
時の経過を楽しむこと、それは良い思い出を作ること
腕時計はそんな時間を共に過ごす大切な存在
ウォッチギャラリーでは優雅な空間と豊富な品揃えで皆様の時をサポートいたします。


日差しも温かくなり、春の陽気が感じられます今日この頃、
皆さんいかがお過ごしでしょうか
ウォッチギャラリーでは新年度に向けて慌ただしい毎日を過ごしております
本日はカシオのマスターオブGシリーズより、新作のご紹介です

時計にタフネスという 新たな概念を築き上げてきたG-SHOCK。
樹脂、そしてメタル
様々な素材への挑戦を続けることで、独自の進化を遂げてきました。

そして、2019年。
いま考えられる完璧を 目指し挑んだのは、
航空・宇宙技術の研究から 生まれた最強の素材であるカーボン

強化カーボンという第3の素材を手に入れ、タフネスは新次元の領域へ。

ウレタンで強さと軽さを。
メタルで強さと美しさを追求。
そして、耐衝撃の進化は、
樹脂の軽さとメタルを 超える強さを併せ持つ、
第3のマテリアルのカーボンへと引き継がれました。

●GWR-B1000-1A1JF
・トリプルGレジスト(耐衝撃構造・耐遠心重力性能・耐振動構造)
・内面無反射コーティングサファイアガラス
・ネオブライト
・20気圧防水
・ケース・ベゼル材質: カーボン
・カーボンファイバーインサートバンド
・タフソーラー(ソーラー充電システム)
・モバイルリンク機能(対応携帯電話とのBluetoothR通信による機能連動)

・97,200円(税込)

過酷な環境下で活動するパイロットのための「GRAVITYMASTER(グラビティマスター)」から、
航空機の機体に使用されるカーボンやチタンを使用し、さらなる強さを追求したNewモデルが登場。

新たな耐衝撃構造として、外部衝撃からモジュールを保護する「カーボンコアガード構造」を開発。
さらに、ケースと裏蓋を一体化させたカーボンモノコックケースを採用
これにより、ケース側面にガードパーツのないボタンガードレスデザインも実現しました

ベゼルやバンドにもカーボン素材を使用するとともに、プッシュボタンやボタンパイプを始め、
随所にチタン素材を採用するなど、高機能素材の多用により、構造強化と軽量化、
さらには防錆対策まで実現しています。
また、BluetoothRや標準電波による時刻修正システムにも対応し、
航空ミッションに求められる時刻精度も徹底追求。

素材、構造、機能のすべてに、新たなタフネススピリットを注ぎ込むことで、
極限へのあくなき挑戦を支える新生GRAVITYMASTER。

是非一度ご覧いただきたく思います。
皆様のご来店、心よりお待ちいたしております

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。