フード

  • このブログの最新記事へ

♪「食べるなら、今でしょっ!!」♪

  • 更新日: 2013/9/25
  •  
  •   mixiチェック

◎地下1階 

皆様、こんにちは。かっしゃんです。「暑さ、寒さも彼岸まで・・・」とは、昔の人はよく言ったものだとは思いませんか秋のお彼岸も終わりに近づき、少しずつ過ごしやすい気候になり”読書の秋”・”スポーツの秋”・食欲の秋”と何にでも挑戦してみたくなりますよねしかしもっぱら私は”食欲の秋”だけなのですが・・・
今週はそんな”食欲の秋”におススメする運動会や行楽などにもピッタリなお菓子のご紹介をします。

画像1
明治7年創業。130年の歴史をもつ京都で老舗の甘栗屋
京都 『林万昌堂』 大粒甘栗(真空) 1袋(300g) 1,201円             
それでは、3つの甘栗へのこだわりのご紹介を致します。
まずは栗の種類から
中国河北省で産出される小粒の栗。=「河北栗子」
栄養豊富で味も良く上品な甘さで、害虫の混入も少ないのが特徴。また、渋皮(外側の硬いカラと実の間にある薄い皮)がきれいに剥けられるので、焼き栗や甘栗に最適である





画像2
次に仕入れ方法
栗は収穫期ごとに《早生栗》《中生栗》《晩生栗》と3つに分けられその中でも中生栗は秋分栗とも呼ばれ最も甘栗に適している。この中生栗のみを仕入れ、9月中ごろから10月にかけての半月間ほどのあいだ中国まで足を運んで現地で買い付けを行うらしい。

最後に季節ごとに変える焼き方の工夫
その時々の作柄、気候、栗の堅さ、栗の保存状態を見極めて焼き方や時間を調節し熟練の腕による焼き方を職人さんたちが伝承し続けている。
また、ご家庭でも焼きたての甘栗をお召し上がりいただくには電子レンジで加熱すると一層おいしくお召し上がりいただけます。
甘栗300gに対して60秒(電子レンジの加熱が700Wの場合)
但し、加熱のし過ぎにはご注意ください。皮が 破裂する恐れがあります。




いかがですか食べ始めるとプチッ、プチッと栗の皮を剥くのにやみつきになり、気がつくと皮だらけ・・・。
なんてことがよくありますよねぜひ一度、この機会に林万昌堂の甘栗をお召し上がりくださいませ。
みなさまのご来店、お待ちしております。
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ