フード

  • このブログの最新記事へ

熱~い渋めの緑茶と一緒に♪山田屋のおまんじゅう

  • 更新日: 2017/11/15
  •  
  •   mixiチェック

こんにちは!

日本の銘菓撰のヒロポンです

つい最近、暦の上では立冬を迎えましたね。          

寒さは苦手ですが、冬の澄み切った空気は夜空に浮かぶお月さまがとてもキレイに見え、             

冬は意外と好きな季節だったりします。                                           


まーるいお月さまから連想するのは                                             

「おまんじゅう」                                                          

やっぱり食べ物を思い浮かべてしまいます                                      

今回ご紹介するのは、愛媛のおまんじゅう屋さん!                                    

「山田屋」さんをご紹介したいと思います♬                                      

田屋まんじゅうの創業は慶応三年。

一人の巡礼が一軒の商家に宿を請い、お礼にと主にまんじゅうの作り方を教えました。

そのおいしさが評判をよび、主は宇和町にある山田薬師寺の山田薬師如来が

姿を変えて教えてくれたものと信じ、その年に「山田屋」の屋号で店を開きました。


先人達の心を大切に、1種類のおまんじゅうを守り続けたお店も今年で150年になるそうです。

すごいですね。


わずか22gの、小さな小さな一口まんじゅう。

この小さなまんじゅうは、入手しうる上質の小豆と、上品な白双糖(しろざらとう)を使用し、 今では本当に手間のかかる、昔ながらの秘伝の製法を惜しみなくつぎ込み、作られています。

落ち着いた風合いの和紙で表装した化粧箱に、紙のしきりをほどこし、ひとつ一つ丁寧に梱包されています。



愛媛「山田屋」 山田屋まんじゅう

(※画像は10個入でございます)

我が日本の銘菓撰コーナーでは、

    3個入   303円

  10個入 1,188円

を常時お取り扱いしております。


熱〜い渋めの緑茶と一緒…がオススメです



是非一度、ご賞味下さいませ

それでは今週も皆様のご来店を心よりお待ちしております



  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ