リビング・美術・時計・メガネ

  • このブログの最新記事へ

《タオルバス》しきたり&マナー 還暦のお祝い編①

  • 更新日: 2019/3/7
  •  
  •   mixiチェック

長寿大国として世界の中でも上位なのが日本
戦後間もない日本の寿命は男女共に50代、近年では80代と寿命は年々伸び続けているのが現状です。
そんな長寿の中でも問合せが多い還暦祝い(数え年の61歳)をご紹介します
現代では長寿のお祝いというより第二の人生のスタートとして、普段の誕生日祝いより盛大に祝福します

こんにちは、しきたりアドバイザー川原です。
しきたりアドバイザーとは、社内ライセンスの事。
通信教育・講座受講・筆記試験・実技試験を重ね、合格した者だけがしきたりのアドバイザーとして認定されます。
まだまだつたないアドバイザーではございますが、少しでもお役に立てるよう頑張ります。
冠婚葬祭のご相談はしきたりアドバイザーに気軽にお尋ね下さい。

熨斗紙は
御還暦御祝賀寿御祝
形式にとらわれないカジュアルな渡し方だとリボン包装になります
一生に一度の御祝ですので熨斗紙が素敵ですね

なぜ赤い物
歴史を紐解いていくと、還暦とは十干十二支が60で元に戻る『本家還り』が語源とされ、生まれた年の干支に戻り『赤ちゃんに還る』・『赤は魔よけの色』という事から昔は赤いちゃんちゃんこ、頭巾、座布団を贈りました

ちなみに、120歳だと還暦を2回迎える事になりますので『大還暦』と言います。

長寿大国日本これからは益々、大還暦の方が増えてくることでしょう。





次回は、プレゼント選びについてご紹介いたします

何を贈ればいいのかお悩みの方
赤い物や、困ったときの
と思える商品のご紹介です






  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ