リビング・美術・時計・メガネ

  • このブログの最新記事へ

【春の快眠フェア2020】
寝つきにくいのは角度のせい!?
“硬めvs柔らかめ問題”にお答えするベッド登場

  • 更新日: 2020/2/28
  •  
  •   mixiチェック

◎2月26日(水)~3月17日(火)  
◎7階 コトコトステージ72
[阪急うめだ本店 営業時間短縮のお知らせ]
  厚生労働省から発表された『新型コロナウィルス感染症対策の基本方針』などを踏まえ、
 お客様ならびに従業員の健康と安全に配慮し、阪急うめだ本店の営業時間を短縮させていただきます。
 ・期間:3月2日(月)~17日(火)
 ・営業時間:全館午前11時~午後7時
 ※日程は変更の場合がございます
 詳しくは→ http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/map/index.html/

***************************************************

2月26日(水)~3月17日(火)までコトコトステージ72では、角度と硬さを変えられるベッドや仮眠専用チェアなど、テクノロジー搭載の機器をご紹介しています。
詳細は  >>> こちら


ところで眠るときの角度。
ほとんどの人が平らな状態だと思うのですが、本当に眠りやすいですか?
どうやら角度を少し変えるだけで眠りに入りやすくなるそうなんです。


たとえば、、、


リラックスポジション

宇宙飛行士が無重力空間で全身のチカラを抜くと形成される
最も自然な姿勢「中立姿勢」がヒント。
水平に寝るよりも全身が楽に感じられるそう。





腰楽ポジション

平らに寝るのがしんどい方は試してほしい。
ベッドの背や膝の角度を少し上げて、
自分の腰にちょうどいい角度を探してみて。





読書/TVポジション

眠る前に読書したりテレビを見たりスマホを見たり、、、
リラックスタイムに試してもらいたい。



そして眠ったことを感知すると、、、

ベッドが自動でフラットに。


それだけじゃない!


マットレスの硬さだって変えられるんです。




硬さが6部位10段階で変えられます。
だからマットレスの“硬め柔らかめ問題”も、
その日の体調で変えられるので、解消できるかも・・・。





忙しい毎日を送るアナタをサポートするベッド。
アクティブスリープアナライザーベッドセット  
・シングルサイズ      473,000円
・セミダブルサイズ     594,000円

※角度や硬さの調整は、専用アプリをダウンロードして
スマホで簡単に操作できます。(Wi-Fi環境が必要です)



3月17日(火)までコトコトステージ72でお試しいただけます。

そして期間中、眠りのプロによるセミナーも開催。
詳細は >>> こちら


みなさまのご来店をこころよりお待ちしています。
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ