オンラインショッピング

  • このブログの最新記事へ

【BONIQUE】幸せな記憶の鍵 <<デザイナーインタビューVOL.5>>

  • 更新日: 2016/7/20
  •  
  •   mixiチェック

高橋真也子
2010 『La Chiave』(ラ・キアーヴェ) 設立。

コスチュームジュエリー デザイナー


幸せな記憶の鍵


<ファッションとの出会い>
幼い頃から、
母が経営するブティックに集う大人の女性たち、
大好きな本や映画に登場する自立した女性に、
憧れをもっていました。

大学卒業後も法学を学び、

現在とは全く違う方面で
夢に挑戦していましたが、
イタリア駐在の兄の後押しで、ミラノへ。

そこで出会ったのが、
いくつになっても、ファッションを楽しみ、
人生を謳歌する、ミラノのマダムたち。

若さ、かわいらしさが持てはやされる日本とは
対照的な世界でした。


クールでエレガントな、
大人のためのモードなアクセサリーを創りたいと
独学で創作の道へ。


帰国後、ブランドを立ち上げました。
現在は、世界中から天然石やガラスを集め、
1点ずつハンドメードで制作しています。


<クリエーションの源>
今シーズンは、何をテーマにしよう・・・
そう考える時、

素材のインパクトで決めることが多いですね。

例えば、この水晶の原石は
他方向に鋭角的な突起があり、不思議なカタチ。
両手におさめると、

微かに冷たく心地いいんです。

石と出会ってからも、機が熟すまで、
ひきだしに閉まったまま、
数年、寝かせることも。


満を持して、パーツの数々を選び
広げ、組み合わせ、上下を入れ替えたりと・・・
イメージに合う配置に仕上げていきます。

<アシンメトリーの魅力>
石はそもそも、全てカタチが異なる1点もの。
そのいびつさが、

唯一無二の魅力的な存在につながります。

ご自身のオシャレをわかっていらっしゃるお客様は
他の方と同じは嫌と感じられる方が多いですね。

「コレしかない!」と思っていただけるもの、
そんな心に残るアクセサリーを

お届けしたいと思っています。


<ブランドにかける思い>
ブランド名の「ラ・キアーヴェ」は
La chiave della memoria(記憶の鍵)に由来。


モノには思いが残ります。
祖母から母、そして娘へ・・・、
記憶と共に引き継がれていくアクセサリー。


イタリアでは、鍵は幸運のモチーフ。
アクセサリーを通して、幸せな記憶が
受け継がれていきますようにと願っています。

  • ブラックドレスのセレクトショップ「BONIQUE」
  • オンラインショップはこちら

  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ