レストラン・カフェ

  • このブログの最新記事へ

年越しそば~天割烹そば神田~

  • 更新日: 2016/12/27
  •  
  •   mixiチェック


みなさんこんにちは、ベースボールマンです
もうすぐ年の瀬ですね、今年はどんな一年でしたか?
諸説色々とありますが、蕎麦は麺の中でも切れ易く、その年の悪い運気を断ち切るそうです。
また、家で食べる理由としては、そばに居たいから。などなど
祝祭ダイニングの「天割烹そば 神田」でも例年12月31日は長蛇の列が出来てお待たせしてしまいますので、比較的混雑の少ない午後2時~午後3時くらいをおすすめします。



画像1
「天割烹そば 神田」
『ざるそば』税込み820円
※『温そば』税込み820円
こちらの神田では天ぷらそばなど色々とありますが、蕎麦好きな私はシンプルな「ざるそば」を注文しました





画像2
蕎麦好きな私は、ゆったりとした時間の中で蕎麦を味わいたく、いつもはそばつゆに浸けて食べるのですが、今日はちょっと違ったツーな食べ方をしてみます
「ざるそば」には通常は塩は付いていませんが、お店のスタッフにお願いするとイギリスはマルドン産岩塩と宮古島の雪塩がお皿に盛付けられて運ばれてきました。
私は岩塩をひと摘みして、そばにパラパラとふりかけました。
この岩塩はほんのり甘みがあり、奥深い味わいです。
蕎麦と一緒に食べると、岩塩の甘みが蕎麦本来のうま味を引き出してくれますよ











画像3
続いての食べ方は、日本酒を蕎麦にかけて食べます
冷酒と蕎麦なんて思うなかれ
日本酒の香りと甘みが鼻を抜けますが、蕎麦の味を余すことなく引き立ててくれますよ
残った日本酒は蕎麦を食べながら飲んでくださいね
仕事が終わってからの蕎麦と日本酒は最高ですよ





画像4
今回チョイスした日本酒は、「菊姫」1杯税込み870円
辛みが少なく、どちらかというと甘めで、蕎麦にぴったり合いますよ
蕎麦はそばつゆに浸けて食べるだけではなく、新たな発見を知ったことで、食の幅が広がり、蕎麦を食べる楽しみが増えました。
皆さまも一度お試しあれ







  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ