レストラン・カフェ

  • このブログの最新記事へ

2月おすすめメニュー『九州フェア』パート13
【グリルキャピタル東洋亭】

  • 更新日: 2017/2/12
  •  
  •   mixiチェック


ただいま祝祭ダイニングでは九州の食材を使用したメニューをお楽しみ頂ける
「九州フェア」を開催しております。

今回は、東洋亭と言えばハンバーグステーキ、このハンバーグステーキに
熊本・阿蘇の銘柄牛「あか牛」を使った九州フェア限定メニューをご紹介させて頂きます。

画像1
グリルキャピタル東洋亭
「熊本産あか牛のビーフシチューをのせた
        東洋亭ハンバーグステーキ」

                    1,460円


熊本県の阿蘇で育ったあか牛を使用したビーフシチューを、
東洋亭定番のハンバーグステーキに乗せました。
こちらのメニューには、メインのハンバーグと、丸ごとトマトサラダとパン又はライスがセットになっているんです。

画像2
「あか牛」とは熊本・阿蘇で放牧・飼育される褐毛(あかげ)の牛です。
広大で豊かな自然環境の中で育つため、性格が穏やかなのも特長。
お肉の味わいは、和牛本来の香りと味があり、あか身肉の旨さと良質でほどよい脂肪のバランスがあか牛のおいしさの特徴です。

画像3
まず最初に出てくるのは丸ごとトマトサラダ
今回のトマトも熊本産で、八代で生産された完熟トマトを使っています。
おすすめの食べ方は、テーブルにセットされた黒こしょうをかけて食べること。
トマトの甘さに黒こしょうがアクセントになり味の変化を楽しんで頂けますよ。

画像4
続いてメインのハンバーグがこちら。
ビーフシチューソースで仕上げたハンバーグの上には大ぶりのあか牛乗せられています。
まずはあか牛をひと口頂きます。脂が少なめでとてもあっさり食べられるので、脂は少し...と言う方でも食べやすいと思います。
続いてハンバーグを。こちらはジューシーで切った瞬間肉汁が溢れます。

画像5
付け合せのベイクドポテトです。
こちらは北海道 羊蹄山の麓で作られているじゃがいもを使用。
甘みがとても強くまた水分も充分でパサパサした感はなく、思わず全て食べてしまいました。


2月末までの期間限定メニューですので、ぜひお見逃しなく。
以上、レストラン担当のすずきがお届けしました。
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ