レストラン・カフェ

  • このブログの最新記事へ

厳しい暑さは鰻を食べて乗り切りませんか?

ハルヤマシタ大阪梅田 おすすめメニュー
~鹿児島県産うなぎのひょうたん弁当~

  • 更新日: 2019/7/30
  •  
  •   mixiチェック

◎7月1日(月)~8月31日(土)  
◎12階 ハルヤマシタ大阪梅田
皆さま、こんにちは!
レストラン担当のすずきです。
厳しい暑さが連日続いていますが、体調など崩されていませんか?
毎年暑いこの時期になると無性に食べたくなる鰻。
土用丑(どよううし)を過ぎても、やっぱり食べたい気持ちが
押さえられず(笑)ちょっと奮発して食べに行ってしまいました。

12階 ハルヤマシタ大阪梅田
「鹿児島県産うなぎのひょうたん弁当」 4,200円


ハルヤマシタ特性のタレで仕上げたうな丼をメインに、
人気のひょうたん弁当に仕立てました。
暑い夏を乗り切るスタミナメニューです。

このハルヤマシタ大阪梅田のオーナーシェフ 山下春幸シェフは
新和食と言う新たなカテゴリーを確立されたシェフで、
今まで食べた事がない、でもどこか懐かしいと言う
様々なお料理を楽しんで頂く事が出来るんです。

このハルヤマシタ大阪梅田の名物メニューがひょうたん弁当ですが、
これも大阪から連想されるひょうたんをかたどって、
弁当箱に仕上げています。
この様なユーモアがあるのも山下シェフのこだわりと言えます。

初めにかんぱちとサーモンのカルパッチョ風サラダを、
続いてスチームオーブンでトロトロになった玉ねぎやなす、
ブロッコリーを自家製ごまドレッシングで頂く、
お野菜の料理を頂きました。
この玉ねぎのローストはハルヤマシタで人気のメニューです。

続いて、いよいよ鰻のお料理をいただきました。
さっぱりとしたお酢が身体に嬉しいうざくです。
きゅうりの飾り包丁は熟練の調理長ならではの技ですね。
メインのうなぎ丼は、実も厚く食べ応えも充分です。
ちなみにこのタレは、店内で仕込むと言うこだわりのひと品です。

こちらのお味噌汁は「トマトの赤だし」です。
赤だしにトマトと加える...これも新和食ならではの組み合わせですね。
みょうがの爽やかさもアクセントになっています。

目で楽しく、食べて贅沢気分を味わえる、二度、三度と
お楽しみ頂けるこちらのメニューは、8/31(土)までお楽しみいただけます。

暑い日が続きますが、このメニューを食べて元気に乗り切ってください。
あっ、もちろん水分補給もしっかりなさってくださいませ(笑)

以上、レストラン担当のすずきがお届けしました。
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ