レストラン・カフェ

  • このブログの最新記事へ

100年続く老舗トラットリアのスペシャリテはいかがですか?

11月おすすめメニュー
トラットリア アル・ポンピエーレ

  • 更新日: 2019/11/6
  •  
  •   mixiチェック

◎11月1日(金)~11月30日(土)  
◎13階 「トラットリア アル・ポンピエーレ」
皆さま、こんにちは!
レストラン担当のすずきです。
今日は100年続くイタリアの老舗トラットリアの、
秋にぴったりのスペシャリテをご紹介させて頂きます。

13階「トラットリア アル・ポンピエーレ」
和牛ほほ肉の“アマローネ”ブラザード ~赤ワイン煮込み~
単品:1,970円 セット:2,480円
※セットにはイタリア産生ハムとベビーリーフのサラダ、自家製フォカッチャ、食後のカフェが含まれます。

北イタリアの高級ワインといわれる「アマローネ」を惜しみなく使って、和牛のほほ肉をじっくり煮込みました。
これからの季節にぴったりの贅沢なひと品です。

※午後3時までのご提供となります。

こちらの赤ワイン煮込みは、北イタリア・ヴェネト州ヴェローナと言う地方で生産される、“アマローネ”と言う赤ワインを使用。
ちなみに、この“アマローネ”は、バローロ、ブルネッロと並び、イタリア3大ワインとも称され、高級ワインの一種とも言われています。
なんとも贅沢なひと品ですね(笑)

まずはサラダから。
こちらのサラダには、神戸・岡田農園から直送されるベビーリーフを使用しています。
程よい苦味と、ドレッシングの酸味、チーズの香りがバランス良く、一気に食べてしまいました(苦笑)
添えられた生ハムが、とても贅沢な気分にさせてくれます。

こちらは店内で焼き上げるフォカッチャです。
そとはカリッと、中はふわふわで熱々のでオリーブオイルの香りが絶妙ですね。

メインの牛ほほ肉の“アマローネ”ブラザードです。
このお料理は、北イタリア・ヴェローナで100年続くトラットリア「アル・ポンピエーレ」のスペシャリテ(看板メニュー)で、こちらの阪急うめだ店でも、イタリア人エグゼクティブシェフ監修の元、本店と同じ味を再現しているそうです。

ちなみにブラザードとは、北イタリアで“煮込み料理”と言う意味で郷土料理として良く食べられているそうです。
綺麗で艶のある見た目が、食欲をそそります。
主役のお肉はトロトロになるまで煮込まれていて、
牛肉の旨みと脂の甘さ、アマローネの濃厚な香りが
絶妙に合わさっていて一気に食べてしまいました。

そえられた野菜はその日の入荷状況に合わせてご提供内容を変更されているとの事で、今日の野菜は、じゃがいものシャドークイーンとメークイン、ビーツ、黄色大根、姫にんじんなど少し珍しいお野菜が楽しめました。
赤ワインを塩と合わせて作った、赤ワイン塩もお好みに合わせてお楽しみください。

これからの季節にぴったりの、心も身体も温まる老舗のスペシャリテ、ぜひお見逃し無く。

またこの他にも11月限定のおすすめメニューをレストラン各店でご用意致しております。
11月おすすめメニューの詳細はこちら>>>

以上、レストラン担当のすずきがお届けしました。
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ