催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

日英を代表するスリップウェア作家の競演
「柴田雅章&クライヴ・ボウエン 二人展」開催中!

  • 更新日: 2013/10/12
  •  
  •   mixiチェック

◎10月9日(水)~10月14日(月)  催し最終日は午後6時終了
◎9階 阪急うめだギャラリー

こんにちは!
ギャラリー担当の土居です

本日は、14日(月・祝)まで開催
「柴田雅章&クライヴ・ボウエン 二人展」
のご紹介です!

柴田雅章さんとクライヴ・ボウエンさんは
それぞれ日英を代表するスリップウェアの作家さんです。

スリップウェアとは、“スリップ””化粧土”(粘土と水を混ぜてクリーム状にしたもの)によって模様が描かれた“ウェア””お皿”のこと
17世紀~19世紀頃を中心に栄えたイギリス中世陶器の伝統を引き継ぐ生粋の英国陶器という顔、
そして、20世紀にはいり、日本で民芸運動の先駆け、柳宗悦や濱田庄司らがその魅力を再発見し、技術を身に付け数多くの優れた作品を生み出したことが有名です。

うねうねした曲線やじわっとした滲みなどの不思議な模様、
鳥など動物が素朴な味わいをもって描かれる大らかな器。
本展では、柴田さんとボウエンさんが生み出すお料理やお花に映えるたくさんの素敵な器に出会えます

画像1
左:丹波の自然豊かな地で独自の灰釉スリップウェアを完成させた柴田雅章さん
右:バーナード・リーチの次男マイケルさんに出会い、画家の道から陶芸の道へ進み、廃れかかっていた本国イギリスのスリップウェアの再興に大きな役割を果たしたクライヴ・ボウエンさん。


それぞれが両国を代表するスリップウェア作家となり、2004年、柴田さんがイギリスにボウエンさんを訪問したことからお二人の交流は始まりました。

画像2
ボウエンさんは、2009年、2011年と丹波の柴田家にも滞在され、ご家族同士の交流も深めておられます。

こちらは、ボウエンさんが柴田雅章さんの工房にて制作されたという作品

画像3
柴田雅章
灰釉スリップウェア大四方皿

420,000円(税込)

画像4
クライブ・ボウエン
左:Mediaeval Jug
H41cm
126,000円(税込)

右:Mediaeval Jug
H60cm
315,000円(税込)

画像5
会場では、スリップウェアのある暮らしの提案もされていました渋めの色の木のダイニングテーブルに並ぶ、スリップウェアの器の数々。ナチュラルな雰囲気であたたかさを感じる空間となっていました

「柴田雅章&クライヴ・ボウエン 二人展」は
14日(月・祝)まで
※最終日は午後6時閉場

<イベント情報>
10月12日(土)・13日(日)
午後2時より
作家による作品解説を開催

会場内では、英国の古陶「スリップウェア展」も併催されています。

是非この機会に、阪急うめだギャラリーへお立ち寄りくださいませ
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ