催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

「古布にまなび 古布にあそぶ」
前野節さんによる“絹彩画”が登場!!

  • 更新日: 2014/3/25
  •  
  •   mixiチェック

◎4月2日(水)~4月7日(月)  催し最終日は午後6時終了
◎9階 阪急うめだギャラリー
皆様こんにちは、
阪急うめだギャラリー担当の吉川です。

前回のブログでは、「古布にまなび 古布にあそぶ」
「第21回 ヤスアカノきものdeモード生徒作品展」の概要をご案内いたしましたが、

本日は、「古布にまなび 古布にあそぶ」の出展者をもう少し詳しくご紹介していきます
まずは、「絹彩画」前野節さんです

『川床からの風』

「絹彩画」とは、絹の着物裂を画材に木目込みの技法で風景などの絵画表現を行う作品です

木目込みとは、よく人形作りに使用される技法で、木彫りの本体に切れ地をはり、その端を彫った溝に埋めていきます。

「絹彩画」も同様に形に合わせて切った古布を一枚一枚、木目込んでいくのですが、一目見ただけでは、絵の具で書いたものと見紛う程の細やかさですよ
絵の具による絵画であれば、自分の思い通りに色を作ることができますが、「絹彩画」は古布そのままの色合い風合いを活かして作るため、
いかにその作品に合う古布を見つけるかが重要となるわけです
絵の具のブレンドでは作りだせない、時を経た古布美しく深い味わいが滲み出ていますね
実物は、非常に奥行き感があるので驚かれると思いますよ

昔に作られ、忘れ去られようとしていた古布が
前野さんの現代的なクリエーションにより、蘇る。素敵ですね~
「絹彩画」は前野さんよるオリジナルの布絵なんですよ

次回ブログでは、
古美術鑑定士としておなじみの安河内眞美さんプロデュースの掛軸
「風香」
をご紹介いたします

お楽しみに
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ