催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

古九谷開窯360周年記念
現代加賀九谷焼作家展
作家紹介その2 山本 篤氏

  • 更新日: 2015/1/13
  •  
  •   mixiチェック

◎1月21日(水)~1月26日(月)  催し最終日は午後6時終了
◎9階 阪急うめだギャラリー、アートステージ
伝統と技を継承しながら新たな挑戦を続けてきた、石川県の伝統工芸 九谷焼。2015年は、九谷焼の開窯から360年の節目の年です。

本展では、江戸時代初期の古九谷の名品から現在活躍中の九谷焼の名手37名の新作まで、一堂に展示・販売いたします。


本日ご紹介するのは、山本 篤氏です。
山本篤氏は独自の調合で完成させた黄磁釉、青白磁釉を主としており九谷焼としては異色の本窯仕上げによる作品が主体です。

山本 篤 黄磁釉花瓶 葉  径30.0×高さ24.5cm

山本 篤 黄磁釉花瓶 陽  径24.5×高さ25cm

作り出す白磁には緊張感が漂っている。固くて薄いフォルム。透明感のある釉薬。翡翠のような釉溜まりの美しさ。人を寄せ付けないような
-触れるのを躊躇させるような-
とても高貴なオーラだ。
ともすれば空間に溶け込んでしまい、見逃されやすいという白磁にとって、この緊張感は非常に重要なのかもしれない。しかし、実際に置いてみると、そこには飽きのこない絶妙な和らぎが存在する。


2014年12月10日発行
『九谷村に始まる 加賀九谷の面々
加賀九谷陶磁器共同組合 作家紹介』より引用

山本 篤
1956年石川県小松市生まれ。75年妙泉陶房を開窯し独立。91年宮内庁「饗宴の儀」和食器十一品目を納入。2000年日本国政府より依頼を受け国際度量衡局のためのメートル条約一二五周年記念の白磁金襴手大皿を制作。13年宮内庁より依頼を受け盆栽鉢古鏡形制作。14年九谷焼伝統工芸士会会長就任。

九谷焼の魅力をより深く知りたい方には、作品解説イベントやギャラリートークも開催します。

石川県九谷焼美術館副館長 中矢進一氏による作品解説
◎1月21日(水)午前11時~(約30分)
中矢進一氏と陶芸家、加賀九谷陶磁器協同組合理事長 中村元風氏によるギャラリートーク
「古九谷から現代九谷への系譜」
◎1月21日(水)午後2時~(約30分)
※どちらも事前申し込み不要、参加費無料



阪急うめだギャラリー担当:吉川
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ