催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

人間国宝に認定された十四代今泉今右衛門や十五代を襲名した酒井田柿右衛門などをご紹介「有田の匠展」

  • 更新日: 2015/2/21
  •  
  •   mixiチェック

◎2月25日(水)~3月2日(月)  催し最終日は午後6時終了
◎9階 アートステージ
日本最古の磁器作製の歴史を持つ有田焼。
素朴な中にも伝統美を感じる初期伊万里に始まり、ヨーロッパの王侯貴族に愛された繊細で優雅な柿右衛門様式、豪華で装飾性の高い金欄手様式、献上品のみに使用された鍋島藩御用窯の鍋島様式など、その多様な様式美は見るものを魅了し続けています。


今展では昨年、陶芸分野において最年少で人間国宝に認定された十四代今泉今右衛門や、同じく昨年に十五代を襲名された酒井田柿右衛門をはじめとする現代作家40名を一堂に紹介します。

十四代今泉今右衛門作 『色絵墨色墨はじき花丸紋花瓶』 径14.5×高さ27.9cm

十五代酒井田柿右衛門作 『濁手桜文花瓶』 径21.5×高さ26.8cm

井上萬二作 白磁菊彫文鶴首花瓶 (径24×高さ32cm)

また、初期伊万里から鍋島、柿右衛門様式、歴代柿右衛門、今右衛門の作品を紹介する「古伊万里展」も同時開催!お楽しみに。


阪急うめだギャラリー担当:吉川
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ