• 婦人服

  • バッグ・シューズ・アクセサリー・服飾雑貨

  • 化粧品

  • スポーツ・紳士服

  • こども服・呉服

  • リビング・美術・時計・メガネ

  • 文具・手芸・趣味雑貨

  • フード

  • レストラン・カフェ

  • 催事・イベント・サービス

  • オンラインショッピング

  • 阪急メンズ大阪

  • 阪神スタッフブログ
  • このブログの最新記事へ

~第14回大阪アジアン映画祭~
開催のお知らせ

  • 更新日: 2019/2/10
  •  
  •   mixiチェック

◎3月8日(金)
◎9階 阪急うめだホール
●3月8日(金) 
  開場:午後6時20分 開映:午後6時30分
 

●9階 阪急うめだホール

●入場有料

前売券:1,300円
     (チケットは2月23日(土)より、チケットぴあ、セブン・イレブンにて発売開始)

 当日券:~22歳:500円 23歳~:1,500円(ペルソナカード・お得様カード等をご提示の方は1,300円)

 尚、前売券で完売の場合は、当日券の販売はありません

 
●チケット販売や映画祭に関する問い合わせ先:
 
大阪アジアン映画祭運営事務局 Tel06-4301-3092
  http://www.oaff.jp/2019/ja/index.html


大阪の春の風物詩として定着してきた「大阪アジアン映画祭」。日本を含むアジアの国々、15カ国前後の映画約50作品を一挙上映。

ジャンルは青春、シリアス、社会派、B級、ミステリー、アート系など多岐にわたり、そのほとんどが日本初上映となります。また、監督や俳優などがゲストとして来場し、上映後に観客からの質問に答える場やサイン会があるのも魅力。

映画を通じて、アジアの世界をちょっとのぞいてみませんか?

オープニング作品『嵐電』

京都を走る市街電車「嵐電」の街に紛れ込んでしまい、まるで出られなくなったような3組の男女の恋と愛を幻想的に描くラブストーリー。

主演に井浦新、音楽にあがた森魚。鈴木卓爾監督のもと、京都造形芸術大学の強力なスタッフ陣と学生が制作協力。

(c)Migrant Birds / OMURO / Kyoto University of Art and Design

※2019年初夏からの全国公開に先駆け、阪急うめだホールで世界初上映!

ゲストについては”大阪アジアン映画祭HP”にて発表いたします。


  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ