催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

スコットランドのベーカリー~英国フェア2013出張記~

  • 更新日: 2013/6/24
  •  
  •   mixiチェック


みなさん、こんにちは。英国フェア担当の桑原です。
英国から帰国したのが14日(金)。時差ぼけが解消したのが21日(金)。
年齢と共に時差ぼけが長くなり、とってもつらいです

画像1
ベーカリーの外観にかけられたロイヤルワラントの紋章。威厳があります。かっこいい



画像2
来日いただくことが決定したアンディさん。英国フェアに初めての参加になります。



画像3
バルモラル城の看板です。
6月3日(月)
毎回同じことを書いているような気がするので恐縮ですが、初日は疲れからか一瞬で寝れるのですが、起きるのも早い。
その理由は身体のサイクルが狂ってるのだと思いますが、トイレにすぐ行きたくなるから目を覚まします。
今回も一晩に6回。毎回必ずと言っていいくらい、これぐらいの回数は当たり前。この現象はもちろん初日だけ。みなさんもこんな経験ありませんか?
英国、とりわけスコットランドのこの時期の夜明けは早い。4時には明るくなってきました。
寝れずにベッドの上でグダグダ。
本来であればここでウォーキングといきたいところですが、さすがは初日。気持ちがあっても身体は嫌がっているのがわかります。

6時30分起床。最初のブレックファーストを堪能し、さあ出発!
今日は大きな打合せが2件もあります。
そのためにスコットランドまで来たんです。

8時半にバルモラルという街にあるベーカリー。このベーカリーのパメラさんにホテルまで迎えに来ていただく。
乗車、そして出発
気持ちがいい。快晴で暖かい天気が我々を歓迎してくれている。
3月は僕が英国に入る前日まで暖かかったらしい。そして到着の日から猛烈な寒波が襲来。
6月はまったくの反対。先週までは本当に寒かったらしいのだ。
すべてがうまくいく予感。それぐらい青空と芝の緑のコントラストが見事なんです。これぞスコットランドって感じです。

1時間ほど車を走らせたところでバルモラルに到着。この街はエリザベス女王の別邸があることで知られている。
つまり…このパメラさんのベーカリーは女王が滞在した時にパンを献上するベーカリー。
英国でロイヤルワラントを保持するベーカリーは二件だけ。その一件がこのベーカリーなんです。

ミーティングは順調。そして今年の英国フェアでの協力を確約。
来日していただくアンディさんともしっかり話ができた。まずはいいスタートです。

次のアポイント先に向かう前にバルモラル城に立ち寄る。
有料だし、時間もないし、観光に来ているわけでもないので中に入ることはできなかったが、以前、ノーフォークにある女王の別邸にも行ったので別邸をふたつとも制覇したことになる。ありがたいことです
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ