催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

英国フェア2014出張記【4月編】~バーミンガムから北ウエールズへ~

  • 更新日: 2014/5/5
  •  
  •   mixiチェック

みなさん、こんにちは。英国フェア担当の桑原です。
早速4月8日(火)の出張記をお送りいたします。

朝6時に起きてメールチェック。
そして、このB&Bに宿泊した最大の目的、イングリッシュブレックファースト。
オーナーさんのこだわりが見え隠れするあたり本物のようです。
非常に満足のできるイングリッシュブレックファースト。



チリ風味のピリ辛なソース、オックスフォードソースを初めて口にした。
とても斬新な味わいでしたが、一番気に入ったのはオーナーのリサさん。
人柄もよく、かわいいという言葉がぴったりの女性。
いかにも英国の方らしく、英国フェアにお呼びしたら人気者になりそうな予感。
2005年のマーガレットおばさんの再来を感じました。真剣に考えてしまうほど魅力的なB&Bでした。


さて、仕事でしたので、ゆっくりと時間をかけた朝食を終え、今日も移動しながらのミーティング。
ニューアークからチェスターフィールドを抜け、向かった先はアポではなく視察。
視察を終えたあとは、バーミンガムまで南下。到着したのは正午。アポイント先は、雑貨の本社工場。
バーミンガム駅からほど近い場所にあるが歴史を感じる会社。
今年はこの会社から1名の実演者を招聘します。
推定年齢20歳代。若いがとてもしっかりしている未来の社長さん。
イケメンですので、英国フェアではアイドルになるかもしれません。
ワンダイレクションが来日した感じですかね。いいすぎ??
とても前向きないいミーティングができ、ここからが遠い車の旅。


今日は火曜日。林さんのダイエットデー。昼食はなしにして車を西に西に走らせる。
M6からM54でシュールズベリーまでは順調も、ここからは地道。
イングランドとウエールズの国境を越え、2009年以来、5年ぶりのウエールズ上陸。
国境があるのかと思いきや何もなし。
気が付けば、案内表示が2か国語になっていた。ウエールズ語と英語。

風にたなびく、ウエールズ国旗を見て実感。


さらに車を走らせ、午後5時前に目的地のチョコレートメーカーに到着。
こちらでもいいミーティングができた。実演販売はほぼ決定。来日をとても楽しみにされています。


このあとはウエールズらしい景観を堪能しながら(撮影スポットがなく写真はなし)
ウエールズの観光地、アベリストウィス。見事な景観。海の向こうはアイルランド島。
とてもかわいい今夜のお宿にチェックイン。


だいぶ日も長くなってきたので、林さんと海岸線をウオーキングしながらレストラン探し。


結構寒い(9度くらい)にもかかわらず、なおかつ海岸線なので風が強いのにもかかわらずTシャツ姿が多い。
スパニッシュにしたかったけど人気店とのことでお客様でいっぱい。
結局、横にあったギリシャ料理店に入り、シーバスをオーダー。
魚は美味しかったが、付け合せのサラダが最悪。
しなって、トマトは日本では捨てるようなかたい部分ばかり。
まだまだ勉強が足りませんね。こんなん提供しているようではダメですよ。英国フード。




  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ