催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

発見!美味スイーツ~フランスフェア2017~

  • 更新日: 2017/1/6
  •  
  •   mixiチェック

フランスフェア担当の白井です。
あけましておめでとうございます。年が明けると、フランスフェアに向けて一気にラストスパートを
かけていく時期になるので、気合を入れ直さないといけません
フェアスタートまでもう2ヶ月そういえば、まだ今年の日程をお伝えしてませんでしたね。
「フランスフェア2017」は、3月8日(水)~14日(火)に開催いたします。
今回は今までで一番特徴あるおいしいものがいっぱい集まったと思いますので、ぜひぜひ
会場まで足をお運びくださいね。

実は、ロワールを特集しようと思った時に、タルトタタンしか思い浮かびませんでした。
今回は今までで一番商品探しに苦戦するだろうと思っていたのですが、出張に行ってみてビックリ
日本ではあまり知られていないおいしいものがたくさんありました。
今日は、パリからTGVで約1時間半の町トゥールで見つけた郷土菓子を紹介します。

“ヌガー・ドゥ・トゥール”という郷土菓子で、パート・シュクレに小さく角切りにしたメロン・コンフィを敷き、
アーモンドプードル・砂糖・卵白で出来たマカロナードをかぶせ、表面に粉糖を振って焼いたタルトです


ヌガーというので、キャラメルのような固いヌガーをイメージしていましたが、全然違いました
こういうタイプの焼き菓子もヌガーと呼ばれるそうです。
このお菓子は、19世紀中頃のモナコ公国シャルル3世のキュイジニエのレシピを1970年代に
トゥールで作り出したのが始まりで、以降この地の名物菓子になったみたいです。
トゥールでは、毎年ヌガー・ドゥ・トゥールのコンクールが開かれ、2016年の金賞がこちらのお店。

「Boulangerie Grias(ブーランジェリー・グリアス)です。
こちらのお店は、2014年・2012年・2009年に金賞に輝いている有名店。
2016年の銀賞・銅賞のお店のヌガー・ドゥ・トゥールも食べ比べましたが、
やはりこの店が一番おいしかったです
ということで、来日交渉開始。残念ながらオーナーのグリアス氏は来日できないとのことですが、
彼の右腕のルブサン・ジェローム氏が来日して、実演してくれることになりました


トゥールに行かないとなかなかお目にかかれない“ヌガー・ドゥ・トゥール”。
2016年チャンピオンの味をぜひ一度ご賞味ください



  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ