催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

英国フェア2018
~マーマレードアワードミニコンテスト第一次審査~

  • 更新日: 2018/10/3
  •  
  •   mixiチェック

みなさん、こんにちは。
英国フェア担当の桑原です。

本日より、博多阪急の英国フェアがスタートしました。
そして、いよいよ来週10日(水)からはうめだ本店でスタートです。

さて、先週の9月25日(火)に愛媛県八幡浜市で
「マーマレードミニコンテスト」の第一次審査が行われましたので
そのレポートをお送りいたします。

25日(月)7時30分。伊丹空港発の飛行機で松山空港へ。
リムジンバスに乗り、八幡浜市へ到着。
ランチには名物、八幡浜ちゃんぽんを堪能し、八幡浜市役所に。
大城八幡浜市長をはじめ世界マーマレード大会準備室の方々とご挨拶。
30分ほどで、ご挨拶を終えて第一次審査の会場となる旧白石和太郎洋館に移動。



いよいよ第一審査がはじまる。
主催者としてまずは私が皆様にご挨拶。
続いて審査員の紹介。

左から
世界マーマレードアワード&フェスティバル日本大会事務局長の今岡植様
そして私、来年から英国フェア担当となる西村雄一郎、
NPO法人みかんの花工房副理事長 河野誠子様
JAにしうわ女性部部長 西川久美様
過去2度にわたり英国大会金賞を受賞された、株式会社アトリウムの國分美由紀様
そして、株式会社ブリティッシュ・プライドの新宅久起様

続いて、新宅さんの進行のご説明。
熱くたまにおもしろく語る新宅さん、お話が上手。


そしてスタートです。
審査員6名が2人一組になって審査を行う。
今回、43個ものお申し込みがあった。
嬉しい。こんなに集まるとは。
関西エリアはもちろん、東京、横浜の首都圏や
愛媛、岡山などの全国から応募をいただいた。感謝感謝。


43個を15個、15個、13個にわけて審査。
英国の審査方法にのっとって審査。
マーマレードの本質的な特徴を追求する審査内容である。

2時間みっちり。柑橘系なだけに舌がしびれてくる。
でも応募いただいた方の思いがつまったマーマレード。
責任をもってしっかり審査。


厳正なる審査の結果、10名の方のマーマレードが最終審査行きに決定。
最終審査は10月13日(土)に阪急うめだ本店9階祝祭広場で開催されます。
当日は、湖水地方ペンリス「ダルメイン」城主であるジェーンさんをお迎えしての開催です。

今回、残念ながら最終審査に残らなかった方々のマーマレード。
丁寧に気持ちをこめて作っていただいたであろうマーマレード。
ごめんなさい。でも今回は最終審査には残りませんでしたが
来年5月には愛媛県八幡浜市で開催される日本大会に向けて
再度、チャレンジしていただけたら大変嬉しく思います。

今回はご応募本当にありがとうございました!

最後に、最終予選に残られた方々です。
ぜひ10月13日は大阪・阪急うめだ本店へ。
お待ちしております。

静岡県  稲葉寛子様

神奈川県 五島彩子様

兵庫県  松谷化学工業様

兵庫県  猪尾みどり様

大阪府  北川かおり様

東京都  田中康子様

奈良県  宮崎さやか様

大阪府  池下有紀様

東京都  井石由香子様

福井県  清水文子様

順不同です。









  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ