催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

【プレイバック フランスフェア】
第1回 女神

  • 更新日: 2020/11/24
  •  
  •   mixiチェック

パリ!華やか!美食!おしゃれ!


そんなイメージからは想像しがたい、

今だから言えるフランスフェアのウラ側。


来年3/17(水)からの開催を前に、

歴代のイベント担当に話を聞く、

というかたちでお届けします。


◆今回の登場人物

ウツミさん 2010年、フランスフェアを担当する。

 

--------------------------------

第1回 女神


“暮らしの知性。パリ生活者の賢い選択。”

 

あれもちがう、これもちがう。

何度も、何度も、何度もやりなおして、

ようやく出来あがった、こちらの文言。

 

フランスフェア2010のコンセプトフレーズとして、

当時のチラシなどで大きく掲げられた言葉です。

 

1974年に始まり、一時の休止を経て、

2010年に改めてスタートをした、阪急のフランスフェア。

 

その再スタートとなる2010年。

フランスフェアの担当となったウツミさん。

 

ウツミさんはいつも冷静で、

動揺する様子はほとんど見たことがありません。

そんなウツミさんはどんな経験をしてきたのか。

 

ーーー

では、よろしくお願いします。

 

ウツミ

よろしくお願いします。

(おもむろに、自身の財布から一枚の硬貨を出して)

これ、何か分かる?

 

ーーー

フランですか?

 

ウツミ

そう、昔フランスで利用されていた硬貨だね。

今はもう、ユーロだから。

 

2010年のフランスフェアで、

目玉ショップとして招致した

南仏のブランジュリー「パン・ドゥ・モワッソン」。

そこのパン職人“ドゥニ”からもらって。

 

ーーー 

どういう経緯でこちらのコインを?

 

ウツミ

2010年の開催に向けて、

現地の味を日本で紹介するために、

絶対やりたいことがあって。

 

現地と同じ小麦粉を使って、

現地と同じパン職人に同じ製法で、

フランスフェアの会場で作ってもらう。

それに力をいれて取り組んだね。

 

ーーー

それでこちら、「パン・ドゥ・モワッソン」が

出展されたんですね。

 


ウツミ

大変だったのが小麦粉の輸入で。

 

フランス側もぼくも不慣れで、

書類のやりとりにも手間取ったし、

(フランスではよくある)

ストライキで船が出なかったり、

ほんとにぎりぎりのタイミングで到着した。

 

ーーー

なんとか実現にこぎつけたんですね。

 

ウツミ

そして、有難いことに大成功。

職人のドゥニさんもとても喜んでくれて。

 

この年から、フランスのパン屋さんに、

現地と同じ小麦粉を輸入して、

フランスフェアの会場で作ってもらう、

というのをやりはじめて。

 

ーーー

それが今にも続いているんですね。

 

ウツミ

次の年、2011年。開催は3月30日から。

その直前に東日本大震災があって。

 

フランスフェアは何とか開催したけど、

とてもフランスから職人たちを呼べるような状況ではなくなって。

 

ーーー

そうですね。

 

ウツミ

「パン・ドゥ・モワッソン」は、

2011年も出展予定だったんだけど、

他のフランス人と同じように、

パン職人のドゥニさんも直前に、

来てもらうことが出来なくなって・・・。

 

でも、そしたら彼。

住んでいる南仏のヴェゾン・ラ・ロメーヌ村から、

わざわざパリまで出て来てくれて。

 

大阪に行く予定だったパリ在住の日本人に、

“これをムッシュ・ウツミに渡してくれ”って。

“(ぼくの代わりに)お守りになるように”と。

 

で、ぼくの手元に来たのが、この5フラン硬貨。

 

ーーー

この硬貨、片面には女の人が描かれてますね。

 

ウツミ

これは種を撒いてる女神かな。

 

パン屋の屋号(パン・ドゥ・モワッソン)にある、

モワッソンは、収穫という意味の言葉でね。

 

だから、たぶん、それも掛け合わせて、

(少し声を震わせながら)

自分の代わりに、っていう意味で、この硬貨をくれたんだと思う。

 

これはぼく、それからずっと財布に入れてるんよ。

 

ーーー

いいお話ですね。

 

ウツミ

(再開して初回のフランスフェア開催には)

いろいろあったけど、ひとつ大きな思い出はこれかなあ。

 

ーーー

そうやってフランスとの絆も深めながら、

初年度、2年目と続けてこられたんですね。

 

ウツミ

そして、2013年の開催を前に、2012年秋に異動。

 

ーーー

え!突然ですね。

フランスフェアの担当も別の方へ交代されたんですか?

 

ウツミ

そうだね

 

ーーー

思い入れの強いイベントだったと思いますが、

担当を別の方へ引き継ぐって、

複雑な気分だったんではないですか?

 

 

ウツミ

うーん。一般的にはそうだと思うね。

未練もあるし、自分ならこうやりたい!もあるし。

 

でも、フランスに関してはそうでもなくて。

というのも・・・。

 

 

<つづく>

 

※文中の内容は、フランスフェア2021とは関わりがありません。

 

突然の異動により、フランスフェアの担当から外れたウツミさん。

その胸中は・・・。そして、次の担当はどのような方なのでしょうか。


【次回は12/1(火)午後5時更新予定です】

 

 ----------------------

フランスフェア2021

会場:阪急うめだ本店 9階催場・祝祭広場

会期:2021年3月17日(水)~22日(月)

オンラインストアは日程と内容ともに調整中。 



  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ