催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

「第20回大阪ヨーロッパ映画祭 in HANKYU」 上映作品のご紹介
その2 最新作多数!!

  • 更新日: 2013/10/29
  •  
  •   mixiチェック

◎11月13日(水)~11月21日(木)  
◎9階 祝祭広場・阪急うめだホール

 皆様、こんにちは!
祝祭広場・阪急うめだホール担当の吉川です。

前回に引き続き「大阪ヨーロッパ映画祭 in HANKYU」
阪急うめだホール会場の上映作品
をご紹介いたします。

指定席・1回券1,500円※枚数に限りがございます。
自由席・1回券 一般1,200円(学生・シニア・障がい者1,000円)
自由席・3回券3,500円※3回券は複数人数での使用不可

販売場所は、
11月13日(水)~19日(火)が祝祭広場
11月15日(金)~21日(木)が阪急うめだホールとなっております。


画像1
『キューバに咲く花』













画像2
『ナタリー』














画像3
『ファンタム・ファーザー』











画像4
『心の陽だまり』
























画像5
『ふたつの人生』
【日本初公開】
『キューバに咲く花
Day of the Flowers』

◎11月16日(土)12時40分~
2012年 100分
イギリス、キューバ
英語、スペイン語/日本語・英語字幕
ディレクター:ジョン・ロバーツ
キャスト:エヴァ・バーシッスル、チャリティー・ウェイクフィールド、カルロス・アコスタ

サルサの熱いリズムにのせて贈るキューバの恋と冒険。
姉は左翼の活動家、妹は買い物好きなおしゃれマニア。スコットランド人の姉妹は亡き父の遺灰を持って、かつて両親が暮らしたキューバへ旅立つ。しかし到着するやいなや警察が遺灰を没収。なんとか取り戻そうと、甘く危険なトラブルに巻き込まれていく。


 【関西初公開】
『ナタリー
La délicatesse』

◎11月16日(土) 15時25分~

2011年 108分
フランス
フランス語、スェーデン語/日本語字幕
ディレクター:ダヴィド・フェンキノス、ステファン・フェンキノス
キャスト:オドレイ・トトゥ、フランソワ・ダミアン、ブリュノ・トデスキーニ

オドレイ・トトゥ主演、繊細な男女の心を映すフランス的恋愛模様。
愛するフランソワと幸せに暮らしていたナタリーは不慮の事故で失意のどん底に落ち、仕事に没頭する毎日だ。ところが自分でも訳がわからないまま、さえない同僚のマーカスと関わりをもち、周囲は大混乱。それは恋か幻か、彼女の人生は転機を迎える。


 【関西初公開】
『ファンタム・ファーザー
Tatăl fantomă』

◎11月16日(土) 18時20分~
2011年 90分
ルーマニア
ルーマニア語、英語/日本語、英語字幕
ディレクター:ルチアン・ジェオルジェスク
キャスト:バリー・ギフォード、ヴィクトール・レベンギュウク、マリアナ・ミフツ

不思議な体験に満ちたルーツ捜しのロードムービー。
アメリカ人の大学教授ロバートは自分の祖先をたどろうとルーマニアを旅する。その道程には予期せぬ発見や危険が待っていた。途中で出会ったターニャとともに一族の唯一の生き残りを見つけ、ふたりを通して愛する女性と古き映画への情熱を知ることになる。

 
『心の陽だまり
Tous les soleils』

◎11月17日(土)10時30分~
2011年 105分
フランス
フランス語、イタリア語 (日本語字幕)
ディレクター:フィリップ・クローデル
キャスト:ステファノ・アコルツ、クロティルド・クロー、アヌーク・エーメ

心癒す音楽にのせて、癒されるべき人生の扉を開くコメディ。
大学でイタリアバロック音楽を教えるかたわら、病院を訪ねて朗読ボランティアをしているアレッサンドロ。彼は15歳の娘イリナ、ベルルスコーニ政権に反抗して自分を政治亡命者だと主張する風変わりな兄ルイジとスタトラスブールで暮らしている。アレッサンドロはつねによい父親であろうとするが、最近は思春期を迎えて恋する年頃のイリナと口論が絶えない。その原因は彼が自身の人生や幸せを考えないことにあった。娘が生まれてまもなく妻を亡くし、いまも彼女の思い出と生きているのだ。しかも多くの友人や音楽仲間に囲まれ、独り身の寂しさを感じるひまもない。たまりかねたイリナはルイジと共謀し、彼になりすまして出会い系サイトに投稿を始める。何も知らないアレッサンドロは慕っていた入院患者アガットの葬儀で彼女の娘フロロンスに出会い、アガットへの想いを通して心を寄せ合う。しかし亡き妻の存在が彼を引き留める。死は生よりも強いのか。一歩を踏み出せない彼のために、イリナとルイジは新たな計画を思いついた。

 
【日本初公開】
『ふたつの人生
Zwei Leben』

◎11日17日(日) 15時20分~
2012年 97分
ドイツ、ノルウェー
ドイツ語、ノルウェー語、英語/日本語、英語字幕
ディレクター:ジュディス・カウフマン、ゲオルク・マース
キャスト:ユリアーネ・ケーラー、リヴ・ウルマン、スヴェン・ノルディン

生きてきた真実と生かされた嘘、愛するがゆえの究極の選択。
第二次大戦中、ドイツ兵を父として生まれたカトリーヌは旧東ドイツの施設で育った。現在は母の国ノルウェーで家族と幸せに暮らしている。ある日、弁護士が現れたことから、しだいに明かされる彼女の過去。仕組まれた偽りのベールの向こうにあるものとは。

次回は、上映作品紹介その3をお届けいたします。
お楽しみに!!


前回の上映作品紹介その1はこちらからどうぞ。

  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ