催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

「第20回大阪ヨーロッパ映画祭 in Hankyu」祝祭広場 “Genius Vision”特別編  ヨーロッパで評価される日本の次世代映像作家たち
その2

  • 更新日: 2013/11/15
  •  
  •   mixiチェック

◎11月13日(水)~11月21日(木)  
◎9階 祝祭広場・阪急うめだホール

 皆様、こんにちは!
祝祭広場・阪急うめだホール担当の吉川です。



今回も第20回大阪ヨーロッパ映画祭 in Hankyu
9階祝祭広場開催のイベントをご紹介いたします。
祝祭広場のイベントは、全て鑑賞無料です。

“Genius Vision”特別編 
ヨーロッパで評価される日本の次世代映像作家たち

◎11月14日(木)、16日(土)、18日(月)
各日 午後12時30分~・午後5時~【各回約30分】

アートビジョンでは学生CGコンテスト(CG-ARTS協会主催)の受賞作品等による
"Genius Vison~次世代の映像作家たち”を年間を通して上映しています。
大阪ヨーロッパ映画祭では同コンテストの歴代受賞者等から、
ベルリン国際映画祭やアヌシー国際アニメーション映画祭などで受賞・入選したアニメーションをピックアップ。
 海外でも高い評価を獲得している作家達の作品をお楽しみください。


画像1
『SPONCHOI Pispochoi』Pecoraped(ぺこらぺっど)








画像2
『グレートラビット』 和田 淳








【上映作品】
『SPONCHOI Pispochoi』 
人間は実は意思を持った虫たちの集合体だった、そこへ突然現れた寄生虫SPONCHOI Pispochoi。虫たちとSPONCHOI Pispochoi はいかに決別するのだろうか?
Pecoraped(ぺこらぺっど)
西尾都と杉殿育恵によるクリエイティブユニット。2006 年結成。2008 年広島市立大学大学院芸術学研究科メディア造形分野を修了。2013 年秋より活動を本格化させ、今後はアニメーション作品を中心に絵本やイラストの制作、クライアントワークや他分野とのコラボ、ワークショップなど幅広く活動予定。
主な作品は『迷走赤ずきん』(2008) 第13 回学生CG コンテスト動画部門最優秀賞、第4 回シネアスト・オーガニゼーション大阪EX 優秀賞他、『SPONCHOI Pispochoi』(2010) ロンドン国際アニメーション映画祭2012 上映、第11 回ブラティスラヴァアニメーション展入選他など。http://pecoraped.com/

『グレートラビット』
かつて我々は自分たちとは違う、崇高で深遠で神秘的な存在をグレートを付けて呼んでいた。時代はすすみ思考や思想がそれまでのものと変わった今、未だにグレートと呼ばれ続けるその存在のグレートたる由縁は何なのか。
和田 淳
1980 年兵庫県生。大阪教育大学、イメージフォーラム付属映像研究所、東京藝術大学大学院で映像を学ぶ。2002 年頃から独学でアニメーションを制作しはじめ、「間」と「気持ちいい動き」を大きなテーマに制作を続けている。『鼻の日』(05)がノーウィッチ国際アニメーション映画祭短編部門でグランプリ、『そういう眼鏡』(07)がリオ・デ・ジャネイロ国際短編映画祭で最優秀若手審査員賞を受賞。『わからないブタ』(10)がザグレブ、アヌシー、広島、オタワの四大国際アニメーション映画祭にノミネートし、ファントーシュ国際アニメーション映画祭でBest _lm、文化庁メディア芸術祭で優秀賞等国内外の映画祭で受賞。『春のしくみ』(10) がベネチア映画祭オリゾンティ部門で上映される。



11月13日(水)~19日(火)の
9階祝祭広場イベントはこちらです。


・大阪フィルハーモニー交響楽団メンバーが奏でる映画音楽
・テレマン室内オーケストラによる木管五重奏 ―名作映画の音楽特集―
・世界のCMフェスティバルミニ上映会



11月15日(金)~19日(火)
9階 阪急うめだホール上映作品は前回までのブログをご覧くださいませ。

上映作品紹介その1こちらから、
上映作品紹介その2こちらから、
上映作品紹介その3こちらから

上映作品紹介その4はこちらからどうぞ。



  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ