催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

フィレンツェの年越しは激しい!

  • 更新日: 2018/1/5
  •  
  •   mixiチェック

BUONGIORNO(ボンジョルノ
皆様、明けましておめでとうございます!
阪急阪神百貨店フィレンツェ駐在員の西山です。

2018年、しっかりと皆様にイタリアの情報をお届けします。
どうぞよろしくお願い致します。
さて、記念すべき今年第1回目のブログは、フィレンツェの年越しの様子をお届けします。
日本の年越しのイメージと言えば・・・
除夜の鐘に耳を傾けながら新年を迎えたり、神社やお寺へ初詣をしたり、いろいろな楽しみ方がありますよね。

では、フィレンツェ(イタリア)の年越しはみんなどうやって過ごすのか!?
実際に体験してきました!

フィレンツェは年越しのカウントダウンへ向けて、大きな広場ではこのようなコンサートが開催されています。写真はヴェッキオ宮殿があるシニョリーア広場です。

オーケストラの美しい音色に耳を傾けていると、どこからか”パンッパンッ”と破裂音が聞こえてきました。

なんと爆竹が鳴っていました!しかもオーケストラには全く関係ない一般人が鳴らしているから驚き!みんな10歩ほど後ろに下がって鑑賞。

爆竹に気を取られているとあっという間にカウントダウン。年越しと同時にみんなでスプマンテ(スパークリングワイン)で乾杯!

そして空になった瓶はなんと地面へ放り投げます。どんどん割れていく瓶・・・。

誰が持ってきたのか、打ち上げ花火も上がっていました。でも実はこれらには意味がありまして、「大きな音で邪気を祓うため」と言われています。なるほど!と簡単に納得していいのか良くわからないくらいに激しいですが・・・。


そして、もうひとつイタリアには面白い年越しの文化があります。

それは大晦日に真っ赤な下着を身に付けて年越しすること!
幸運の赤色で自分に運気を呼び込むためだそうです。
一説によりますと、赤色のものを身に付ける風習は紀元前の古代ローマ時代からあると言われています!歴史の重みを感じますね。(笑)

いかがでしたでしょうか?
今回はフィレンツェの年越しの様子をご紹介しました。皆さんが想像していたイタリアの年越しとは違っていましたか?私はこの激しい年越しに慣れるにはもう少し時間がかかりそうです。

本日もご覧いただきありがとうございました。
それでは次回の投稿もお楽しみに!
CIAO(チャオ
またね!
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ