文具・手芸・趣味雑貨

  • このブログの最新記事へ

今週の中央街区 4/4(水)~4/10(火)vol.1 ■ジャズな雰囲気の気まぐれなものたち ■青衣 あをごろも 2018春
■2018春の即売会&新作予約会/Kento Hashiguchi ■CHAOLU lab(カオルラボ) ■Ventriloquist

  • 更新日: 2018/4/4
  •  
  •   mixiチェック

◎4月4日(水)~4月10日(火)  催し最終日は午後5時終了
◎10階 『うめだスーク』 中央街区

今週の中央街区NEWショップをご紹介致します!!
例年になく早い桜だよりに、思わずそわそわしてしまう毎日です。
お花見が未だの皆さま、すこしお急ぎください・・・そして、是非『うめだスーク』にお寄りくださいね。
ご来店お待ちしています。

画像1
新・日本の美意識
■ジャズな雰囲気の気まぐれなものたち■

たいせつに受け継がれてきた日本の伝統工芸。
そんな伝統工芸の端材を中心に、眠っていた魅力的なものに新しい命を吹き込みアップサイクルしていくこと、
そして伝統工芸が途絶えないように守るブランド『WAKURA』が、清水焼の器を利用した春の木々の盆栽たちやアクセサリー、爽やかな香りがする畳のリースなどをお持ちいたしました。

おすすめ商品
転用鉢の盆栽 7,560円
さまざまな鉢と植物のペアをご用意しております。

画像2
新・日本の美意識
■青衣 あをごろも 2018春■ 

京都の職人、メーカーさんの協力のもと、ニッポン人が昔から親しんできたファブリックや染色技法・・・。
それらのもつ独特な風合いや素材感はそのままに、色鮮やかで個性的な絵柄“ニッポンの風景”と組み合わせたテキスタイルブランドがやってきました。

おすすめ商品
ソックス 各1,296円
23cm~27cmまで対応可能です。春から夏にかけて履きたくなりそうな楽しいデザインですね。

画像3
■2018春の即売会&新作予約会/
Kento Hashiguchi■

京都発のバッグブランドです。帆布(キャンバス生地)をメインに扱った作品は「レトロだけど新しい」「シンプルだけど単純ではない」そんな微妙な境界をデザインに落とし込んでいるのが特徴的です。

おすすめ商品
pudgy Big 30,240円
2way特大がま口バッグ。リスのほっぺのようにものを入れると可愛くふくらむ“入れれば入れるほど可愛くなるリュック”です。ギャザーの入れ方に工夫を凝らし、たくさん入れても不格好にならないように仕上げました。

画像4
■CHAOLU lab(カオルラボ)■
ブランド名は、“香りが発生する場所”を意味します。
“カオル”は日本語で“匂いが香る”ということですが、
―香りは日常的である。
香ることで情緒を共有することができ記憶となる。
物作りの香りを近くに感じられ、
人々にとって日常の一つになり特別な一つとなる服―
を、コンセプトにしたブランドです。

おすすめ商品
ブルゾン 45,360円
ジーンズ 27,000円
単品でもセットアップでも役に立ちそうです・・・

画像5
■Ventriloquist(ヴェントリロクイスト)■
英語で腹話術師という意味のブランド名です。今シーズンのテーマは"BOTANICAL RHAPSODY”
イタリア人画家、Franco Testaによる水彩画から着想を得たコレクションとなっています。
期間中ご購入くださった方にオリジナルコットンバッグに商品を入れてお渡しいたします。
バッグのみのご購入(2,700円)も可能です。

おすすめ商品
葉っぱ柄ガウン 60,480円
お色違いあり。

NEWショップご紹介はvol.2に続きます!

◎『うめだスーク』公式インスタグラム◎
移り変わるマチの様子を毎日お届け!
@hankyu_souq
こちらからご覧くださいませ
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ