文具・手芸・趣味雑貨

  • このブログの最新記事へ

★『うめだスーク』北街区のゲストショップ情報  4月4日(水)~4月17日(火)

  • 更新日: 2018/4/2
  •  
  •   mixiチェック

◎4月4日(水)~  催し最終日は午後5時終了
◎10階 北街区


★『うめだスーク』北街区のゲストショップ情報

画像1
■365 notebook
期間:開催中~4月10日(火)
場所:文具雑貨マルシェ

365 notebookは、日めくりカレンダーにも使用している
透過性の高い薄紙を使ったノートです。
メーカーである新日本カレンダーは、大正11年の創業以来、
約100年に渡り、暦=カレンダーに携わってきました。
「書く暦」「感じる暦」など、その時代を生きる皆様の暮らしに寄り添う「暦」を考え、作り続けています。
ぜひ実際に触って、懐かしさやぬくもりを感じてください。

画像2
ポータークラシック
場所:文具雑貨マルシェ
期間:4月4日(水)~4月17日(火)


メイド・イン・ジャパンにこだわるポータークラシックは、
こだわりのモノづくりを誇る、昭和西川とコラボレーションし、
3年の歳月をかけて新しいバッグ『ニュートン』を製作。

ショルダーストラップ部分に、人間工学に基づいて重さを
分散させる昭和西川の敷ふとん「muatu」を使用している
ため、受け止めた圧力を水平、放射状にバランスよく分散し、
荷物を持ち歩く移動時間も快適になります。

画像3
■WATO
「まいにちの器とカトラリー」
~使うことで色も深くなる、一緒に時を重ねる真鍮のうつわ達~

期間:4月4日(水)~4月10日(火)
場所:スーク暮しのアトリエ

モノづくりを通して、人と人、モノとモノ、人とモノ・・・
いろいろな輪と輪を築き、そこからまた、新しい日本の
モノづくりを 発信していきたい。というコンセプトの元、
活動している「WATO」。
WATOの作品は鍛金作家である小笠原 加純氏と、
プロダクトデザイナーである齋藤 里司氏によって、
末永く使うことができ、愛着をうむモノを目指し、
制作されています。
1つ1つ手作りで制作されるモノは、世界に1つ、
唯一無二の一生もの。
是非、作品を手に取ってお楽しみください。

画像4
■「IMARI -知って使う-」
期間:4月4日(水)~4月17日(火)
場所:スーク暮しのアトリエ

私たちの国の美しいものを「知って」、
昔の時代のものを今の私たちが「使う」。
幕末明治の伊万里の器を「知って」、「使って」いただくための2週間。
伊万里焼の歴史や、種類、図案などについて、
実際に手にとってご覧いただきながら「知って」いただける
イベントです。

画像5
■【Bose】★新製品★SoundWear Companion Speaker
場所:Bose(ボーズ)

ボーズから待望の新製品が発売!

身につけるサウンド、ウェアラブルスピーカー
「SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER」
(サウンドウェア コンパニオン スピーカー)

周りの音も聴くことができる、便利なウェアラブルスピーカー
音楽に没頭しながら、周囲の様子を把握できます。

詳しくはこちらまで


  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ