文具・手芸・趣味雑貨

  • このブログの最新記事へ

望遠鏡を使って月を観察しよう!

  • 更新日: 2018/8/20
  •  
  •   mixiチェック

◎10階 『うめだスーク』 北街区 文具雑貨マルシェ
みなさまこんにちは!文具雑貨マルシェです!


夏休みもそろそろ終盤ですね!
お子様の夏休みの課題はもうお済みになりましたか?

特に自由研究は範囲が広くてなにをすればいいのか悩まれる方も多いと思います。

そこでぜひ、自由研究のテーマとして「月の観察」をしてみてはいかがでしょうか!?

日ごろ何気なく見かける月には、実は「なぜ?」や「どうして?」と思うことが多く存在します。
なぜ月は欠けて見えるのか、どうして昇る時間や色が日によって違うのか…
考えてみると不思議な点が多く見つかると思います。

課題が終わった方もこれからの方も、
今年の夏休みは望遠鏡を使って親子で月を観測してみませんか?

レイメイ「RXA125」

卓上経緯台なので、コンパクトに収納できて持ち運びも楽な「RXA125」。
適正倍率は76倍ですが、付属の2倍バローレンズを使えば最大倍率は152倍にまでなります。
スマートフォンで写真を撮ることもできるパーツも付属しているので、
自由研究の資料作りにとても便利です。

(画像)
RXA125 16、200円

Vixen「Space Eye 700 Red」


入門機として人気の赤色に輝く「Space Eye 700 Red」は2018年限定生産モデル。
レンズが70mmと広口径ながらも、重量が3.9kgと軽量かつ簡単に組み立てと操作ができる
入門機として人気の「Space Eye」シリーズから2018年限定生産の赤色が登場!

低倍率(35倍)と高倍率(117倍)の二つの倍率で観測することができ、安定性のある三脚に、
微動ハンドルでの簡単操作が可能です。

火星や土星もみることができるので、
月を調べた後も他の天体について学べます。

(画像)
Space Eye 700 Red  21,384円


月のほかにも「夏の大三角形」や赤く輝く火星を眺めて
宇宙について少しでも興味を持っていただければと思います。

今回ご紹介した望遠鏡は只今店頭に展示しております。
ぜひご来店くださいませ。
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ