伝えたくなる、おいしさがある。Communal food market

蜜

蜂蜜専門店 ミールミィ

環境と共に変化するはちみつワールド

蜂蜜専門店 ミールミィ

シングルオリジンハニー、ローハニー(生はちみつ) など。

日本はもちろん、世界の養蜂家を
訪ね歩いて見つけたはちみつ。
その味わいは、環境や気候の変化をも表す、
今の自然そのもの。

養蜂家を訪ね歩く「ミールミィ」のハニーハンター 市川拓三郎さん。なんと1年の移動距離は約52,000km、地球1.3周分の距離になります。養蜂家からお客様へ、質の高いはちみつ、様々な味わいのはちみつをお届けすることはもちろん、近年、肌で感じている養蜂家を取り巻く環境の変化を伝えることも大切だと感じています。また、お客様がお好みのはちみつに出会っていただくためにAIを使った“はちみつ診断”を開発中です。はちみつを味わってそこから環境への理解を深め、養蜂家を取り巻く世界に触れていただければと思っています。

まだ見ぬはちみつを探し求めて世界各地の養蜂場へ場所ごと、年ごとに味が違うはちみつに感動

まだ見ぬはちみつを探し求めて
世界各地の養蜂場へ場所ごと、年ごとに
味が違うはちみつに感動

ハニーハンター 市川拓三郎さんは、「ミールミィ」をプロデュースする「株式会社金市商店」の三代目。幼い頃からはちみつに囲まれて育ち、朝食前にひと匙のはちみつを舐めることが習慣。1日の活力のもとにしています。仕事としてはちみつに携わってからは、日本はもちろん世界各地の養蜂場を訪ね歩くようになりました。あらためて感動したのは場所が違うと味が変わる、同じ場所でも年ごとに味が変わるはちみつの多様性。はちみつは自然そのもの、自然の鏡です。

続きを読む

はちみつの品質や採蜜量は
環境のバロメーター味わいはもちろん、
環境についても発信したい

はちみつは、ミツバチが花から集める自然の恵み。ミツバチは、いちごやメロンなど、多くの作物の受粉の役割も担っています。近年、地球温暖化や環境破壊でそのミツバチが減り、はちみつの採蜜量が減少。昔は安定的にはちみつが採れた地域でも不作や品質の低下が見られます。「ミールミィ」は、はちみつを取り巻く環境についても興味を持っていただきたいという思いで、お子様にはちみつ絞りを体験いただき、はちみつがどうやって採れるか、虫や花、環境の大切さを伝える活動をしてきました。これからも様々な形で環境を守ることの大切さをお伝えしたいと思っています。

閉じる

ONLINE STORE オンラインストア

作りての想いが込められたおいしいものをうちでも。

TOPICS

30を超える養蜂場、100種類以上のはちみつ
全て試食してお選びいただけます

「ミールミィ」では、ハニーハンター 市川拓三郎さんが300種類を超えるはちみつを試食して買い付け。シングルオリジンハニーは、花の名前、採れた場所、採れた時期をラベルに表示しています。 シングルオリジンハニー(140g) 864円から

シングルオリジンハニー(140g) 864円から

選び方、使い方のアイデアは
ショップにいるハニーコンシェルジュに

お客様の“マイハニー”を探すお手伝いをさせていただくのがハニーコンシェルジュ。お好みをお伺いしておすすめをお選びしたり、はちみつの様々な食べ方や使い方のご紹介も。

春から夏に味わっていただきたい、
ローハニー(生はちみつ)

採れたてはちみつの風味そのままに非加熱で瓶詰めしたローハニー(生はちみつ)。はちみつ本来の香りとフレッシュな味わいは格別です。