阪急百貨店

阪急うめだ本店

鎧兜

知っていますか?
五月人形のこんな話

五月人形と端午の節句の起源

端午の節句は奈良時代に始まったといわれています。この頃、朝廷では5月5日に健康を保って邪気をはらう力があるとされる菖蒲を飾って無病息災を祈る節会(せちえ)を行っていました。そして、時代とともに菖蒲湯で入浴し、菖蒲酒を飲み、菖蒲枕で寝るなど菖蒲を様々に用いるようになり、“菖蒲の節句”と呼ばれるようになったのです。鎌倉時代に入ると“菖蒲”の音が“尚武”と同じことから、武士を尊ぶ(尚武)行事へと移っていきます。さらに江戸時代になると、後継ぎの男の子が勇ましく成長することを願う節句として定着。兜や鎧、武具を飾るようになりました。それが町人の間でも広まり、鯉のぼりを立てたり、鎧兜をつけた人形が飾られるようになったのが現代まで受け継がれています。

兜飾りの豆知識

男の子の健康と逞しい成長を願って飾る兜飾りは、多くの部位から成り立っています。

鍬形(くわがた)

旧暦の3月3日(現在の3月下旬~4月中旬ごろ)は桃の花が咲く時期だったのがその理由です。ちなみに、桃の花は邪気をはらうとされています。

太刀(たち)

魔物は光るものを嫌うことから、魔除けのために飾ります。通常の刀とは違い、儀式用なので、柄を下に向けて飾りつけます。

錣(しころ)

兜の裾をぐるりとスカート状に取り囲み、後頭部や首周りを保護する部分。錣を彩るカラフルな糸を“縅糸(おどしいと)”と言い、それぞれの色にこめられた願いでお選びいただくのもおすすめです。

吹き返し

兜の左右にある吹き返しは、刀が当たらないように顔を守る部分です。大きく張り出した吹き返しは細工の見どころのひとつ。

忍緒(しのびお)

兜が外れないよう、
あごで結ぶ紐のこと。

弓(ゆみ)

古来より日本では、弓に妖魔を退ける力があるとされており、魔除けのために飾ります。