知っていますか?
ひな人形のこんな話

ひな人形の起源とひな祭りの由来

平安時代中期、宮中の婦人やこどもは今でいうままごとのような人形遊びを楽しみ、“ひいな人形”と呼んでいました。また、宮中では三月のはじめ巳(み)の日に無病息災を願い、紙や草木で作った簡素な人形に禍いや凶事をのせ、おはらいをする“上巳(じょうみ)の節句”が行われていました。室町時代になるとおはらいは、旧暦の3月3日に行われるように。そして、江戸時代に“ひいな人形”と結びついて、“ひな祭り”として定着したと言われています。

ひな人形の豆知識

ひな人形の豆知識

なぜ桃の花を飾るの?

旧暦の3月3日(現在の3月下旬~4月中旬ごろ)は桃の花が咲く時期だったのがその理由です。ちなみに、桃の花は邪気をはらうとされています。

左近の桜、右近の橘

向かって左側に橘、右側に桜が一般的。平安宮の内裏にある“紫宸殿(ししんでん)”を模しているのが由来と言われています。いずれも魔除けの花とされています。

男雛と女雛の位置は?

全国的に男雛は向かって左側に飾るのが一般的ですが、京雛など一部地域では“左上座”の伝統にならい、向かって右側に男雛を飾る場合もあります。

菱餅の由来と形

諸説ありますが、みどりは“健康や長寿”、白は“清浄”、ピンクは“魔除け”を表すという説が一般的です。

お人形を選ぶ日から、
仕舞う日まで

選ぶ日

お飾りになる部屋と場所を事前に選び、間口・奥行・高さなどを測ってからお見立てにお越しください。

届く日

おめでたいことはおめでたい日に。大安はもちろん、友引・先勝・先負などご希望の日にお届けいたします。

大安・友引
終日良し
先勝
終日良し
先負
午後から良し
飾る日

立春過ぎから2月の中旬、遅くともお節句の1週間前までには飾って、節句の日をお迎えください。

仕舞う日

季節の節目を祝う本来の意味からも、なるべく早く仕舞うのが良いとされています。

【仕舞う時の注意】
雨・曇りなど湿度の高い日は避け、乾燥した晴れの日に毛ばたきや小型の洋服ブラシで
ほこりを払い、柔らかい布などで包みます。
防虫剤、防腐剤は少なめにとどめ、
人形に直接触れない場所に入れてください。
保管場所は押入れの上段、天袋などの
高い場所に収納してください。