北斎と現代アート ART HANKYU 2022

浦上コレクション 北斎

その魅力にとりつかれ、世界一といわれる北斎漫画コレクター浦上満のコレクションより約170点を出品。ダイナミックでユーモラスな北斎の世界をご覧ください。

浦上蒼穹堂

北斎漫画

時代を超越し、世界の人々に愛される葛飾北斎の『北斎漫画』は、19歳で絵師になり90歳で亡くなるまで、絶えず新しい分野や境地に挑戦し続けた北斎の代表作です。

弟子たちの絵手本として描かれ、北斎55歳の1814年(文化11年)に初編が刊行されると、絶大な人気を博して版を重ね、死後も出版は続き、1878年(明治11年)に15編が刊行されて完結するまで64年間も刊行が続けられた北斎のベスト&ロングセラーです。

人々の生活や動植物、風景、神仏、建築、妖怪幽霊まで森羅万象のあらゆるものが描かれ、19世紀ヨーロッパにおけるジャポニスム旋風の原動力となりました。生き生きとした人物表現、ユーモラスで奇想天外、独自の視点で巧みに描かれた構図など、『北斎漫画』には斬新で刺激的なアイデアが満ちあふれています。

『北斎漫画』 《雀踊り》
『北斎漫画』 《雀踊り》
『北斎漫画』 《象》
『北斎漫画』 《象》
『北斎漫画』 《縦横》
『北斎漫画』 《縦横》

富嶽百景

北斎による絵本の最高傑作といわれる『富嶽百景』。1834年(天保5年)に刊行され、「初編」「二編」「三編」の全3巻に計102図をおさめており、富士山にまつわる神話や伝説、歴史を踏まえて、ユニークな視点で四季折々の富士山の姿を描いた絵本です。

『冨嶽三十六景』の完結後すぐに刊行され、この本の巻末で<画狂老人卍>の号を初めて用いた。「70歳以前の絵は取るに足らないものである。80歳でさらに成長し、90歳で奥意を極め、100歳で神妙の城へ、110歳になれば1点1格が生きているようになるだろう」と75歳の北斎が記した跋文(ばつぶん/意味:あと がき)が有名です。

『富嶽百景』《登龍の不二》
『富嶽百景』《登龍の不二》
『富嶽百景』《海上の不二》
『富嶽百景』《海上の不二》

世界一の北斎漫画コレクター
浦上満

学生時代に『北斎漫画』の魅力にとりつかれ、50年かけて1,600冊以上を蒐集、世界一の質と量を誇る浦上満のコレクション。一人でも多くの方々に本物を目にしていただきたいと、世界で開催される北斎の展覧会に作品を貸し出し、全国各地の美術館で「浦上コレクション 北斎漫画展」を開催してきた浦上満の協力のもと、選び抜いた『北斎漫画』120点をご紹介します。『北斎漫画』の初編本を含む全15編、当時の袋などの貴重な資料も展示します。また、厳選した北斎の『富嶽百景』も50点出品。展覧会の出品作(額装作品)は購入することもできます。自由で独創的な“北斎の世界”をお楽しみください。

東京・日本橋

「浦上蒼穹堂」

東洋古陶磁の専門美術商として1979年に設立。代表の浦上満は世界一の『北斎漫画』コレクターとして知られ、2016年『北斎漫画』の真価を伝え啓蒙に尽力した功績で第10回国際浮世絵学会賞を受賞。東京美術倶楽部常務取締役、国際浮世絵学会常任理事、東洋陶磁学会監事。2021年に開催された「生誕260年記念企画 特別展『北斎づくし』」(特別協力:浦上蒼穹堂)は大きな話題に。個人コレクターを主眼におきながらも、様々な美術館に数多くの作品を収めている。

  • ※イベントは事情により中止・変更する場合がございます。
  • ※売切れなど、ご希望に添えない場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ※写真はイメージです。