※営業時間、催し内容、開催期間が変更になる場合がございますのでご了承ください。

2021 4月 Event Schedule

神戸阪急 阪神梅田本店
阪急うめだ本店 7階 美術画廊

4⽉7⽇(⽔)〜 13⽇(⽕)
※催し最終日は午後4時終了

⼤⽮亮 ⽇本画展
― 幻想散歩 ―

「旅路」(10M)

院展を主な舞台とし精⼒的に創作活動を展開する、⽇本画家・⼤⽮亮の初個展を開催します。本展では絹本を⽤いた伝統的な⽇本画の吉祥図や花⿃画を中⼼に、“幻想的な世界”をテーマにした想像性豊かで物語性の⾼い⼤⽮ならではの作品を加え、新しい絵画表現に挑戦した作品、約30点を展観します。

4⽉7⽇(⽔)〜 13⽇(⽕)
※催し最終⽇は午後4時終了

波多野正典 陶芸展

「GATE」(幅22×奥⾏14×⾼さ28cm)

⽇本六古窯のひとつに数えられる瀬⼾に⼯房を構え、作陶する波多野正典。中世から現代まで約1,000年続く瀬⼾の焼き物は、⻩瀬⼾や織部、鉄釉などの伝統的な釉薬による奥深い表情を浮かべます。波多野は、その魅⼒に惹かれて、伝統的かつモダンな雰囲気のうつわを制作しています。「先⼈たちが焼きつないできた素材感を⼤切に、⼯芸の原点を⾒つめ、時代に即した焼き物を」と、次世代の橋渡しになるよう作陶を続ける波多野のオブジェや茶器、⾷の器など約100点が登場します。

4⽉14⽇(⽔)〜 20⽇(⽕)
※催し最終日は午後4時終了

鈴⽊誠郷 洋画展
〜美しい動物たち〜

「導きの地」(M20号)

30代の気鋭の若⼿作家・鈴⽊誠郷。トラやライオン、狼など猛獣とよばれる⾁⾷獣に神秘的な造形を⾒出し、リアルを越えた永遠の美を描きます。迫真の筆致で描かれた動物達の“美しさ、愛らしさ”をぜひお楽しみください。

4⽉14⽇(⽔)〜 20⽇(⽕)
※催し最終日は午後4時終了

島岡桂 作陶展

「窯変縄⽂象嵌壷」(径28.5×⾼さ33.5cm)

⼈間国宝の島岡達三を祖⽗に持ち、組紐を使った縄⽂象嵌を受け継ぐ島岡桂。⼟や釉、焼成⽅法などを試⾏錯誤しながら作陶しています。今回は昨年焼成した薪窯作品を含め、⾷器類を中⼼に花器や⽣活を彩る作品100余点を出品します。この機会にぜひご⾼覧ください。

4⽉21⽇(⽔)〜 27⽇(⽕)
※催し最終日は午後4時終了

みつめる
― 栗原由⼦ ⽇本画展―

「丸茄⼦」(3F、紙本岩彩)

野菜や果物、現象など、⾃然の中に⾒られる⾊彩や模様、造形美を⽇本画の画材で表現する栗原由⼦。スイカの果⾁の瑞々しさや、蕪の葉の根元に⾒える段々の形の複雑さ、光の⾓度で変化する花弁の透明感など、⽇常⽣活に溶け込んでいたり、近くにあり過ぎて⾒落しがちな⾃然の美しさや⾯⽩さをとらえた作品、約20点が並びます。

4⽉21⽇(⽔)〜 27⽇(⽕)
※催し最終⽇は午後4時終了

第14回 松﨑勝美 ⽯の想守

「はな」(幅8×⾼さ13cm)

ふんわり優しい表情の⽯像やかわいい動物。⽯彫家・松﨑勝美の想談相⼿と⾔える作品たち。松﨑は作品について「それぞれの表情があり感じ⽅も違います。硬いもの、寡黙なものの中に穏やかさがある」と話します。今回は兵庫県⾼砂市の⻯⼭⽯を⽤いた⼈の想いを守る⽯像や⼿⽔鉢、狛⽝など約40点を出品。ニューヨークやロサンゼルス、パリや台湾など世界のコレクターたちを魅了する作品にご期待ください。

4⽉28⽇(⽔)〜 5⽉4⽇(⽕・祝)
※催し最終日は午後4時終了

〜⾹り萌ゆ〜
⼭⽥えい⼦ ガラス⼯芸展

「桜琳」(径28.5×⾼さ16cm)

⾵⾹り、新緑が萌ゆる季節。⽩いヴェールがかかったオパルセントガラスが特徴的な⼭⽥えい⼦。8回⽬を迎える今展では、やわらかなフォルムと精緻な彫刻の花瓶や灯り、⾷器などの新作約50点をご紹介します。

4⽉28⽇(⽔)〜 5⽉4⽇(⽕・祝)
※催し最終⽇は午後4時終了

野村豪⼈ 作陶展

「porcelain⾼台⽫」(径20×⾼さ10cm)

丹波焼の産地で作陶をしながら、修⾏の地である九州の粘⼟や技法を取り⼊れて、新しい⼟、新しい技法、新しい発表ができるようにと活動を続ける陶芸家・野村豪⼈。スタイリッシュな⾷器から花⼊れまで約200点の作品で、新しい作陶の世界を表現します。

9階 阪急うめだギャラリー

4月7日(水) 〜 12日(月)
※催し最終⽇は午後6時閉場

Honoka’s Emeralds
ホノカ エメラルド

「adoring」
(指輪:エメラルド原石コロンビアチボール鉱山、12.39ct)

エメラルドハンターとして30年、ジュエリー作家として20年、宝石鑑定士として20年。そして阪急百貨店での初個展から19年。エメラルド原石に魅了され製作を続けてきた川添微。阪急うめだギャラリーでの展覧会開催の話が届いたのが約1年前。「製作のみに集中できた1年の間に生み出された作品を見ていただきたい」と話します。今回は指輪やネックレス、ブローチを中心に、新たに男性にも着けていただけるピンブローチやオシャレにアレンジできるシングルピアスなど、約250点をご覧いただきます。

9階 アートステージ

4月7日(水) 〜 12日(月)
※催し最終⽇は午後6時終了

草木彫 川添日記展
〜想い出を刻む木の器〜

「菓子器ボンボン桜木付」(直径約12cm)

あわただしい日々の暮らしの中で季の節目を尊んできた日本の行事。それは忘れかけていた何かを思い出させてくれる日本の道具と言えます。そして移り変わる日本の季節に心打たれ、野の草花を彫り続けているのが川添日記。かつ
て日本は手の国と呼ばれていました。一刀一刀、日本の草花を彫り入れ、漆を数回塗り重ねていきます。一木を刳りぬくことで親から子へ、子から孫へと伝えて行ける木の器が完成します。「時代がどのように変わろうとも、春とともに秋とともに、家族の想い出として刻まれる木の器でありたい」と話す川添。今回は、贈答から普段使いまで幅広くご利用いただける漆器約300点をご紹介いたします。ぜひご高覧ください。

2021 4月 Event Schedule

神戸阪急 阪神梅田本店
阪急うめだ本店 7階 美術画廊

5⽉5⽇(⽔・祝)〜 11⽇(⽕)
※催し最終日は午後4時終了

⼸⼿研平展
〜⽉明りの⼩さな幸せ〜

「⽉と苺」(F4号)

「私はすべてのモノを⼟から描く」という⾔葉通り、画家・⼸⼿研平の作品はキャンバスの上に⼟から描かれています。その層は完成作では50層におよび、⾊を重ねながら削って下の⾊を出すことを繰り返すため、作品の⼤⼩を問わず制作期間は約1年。また描かれるモチーフは、⾝近なモノや⾒慣れた⾵景など、素朴なしあわせがテーマとなっており、観るものを不思議と和ませる⼒を持っています。「この⼀年に⾒つけた⼩さな幸せを、今回はたくさん並べてみたいと思う」という⼸⼿。本展では、⼩品を中⼼に約40点を発表します。

5⽉5⽇(⽔・祝)〜 11⽇(⽕)
※催し最終⽇は午後4時終了

⼩⻄潮・江波冨⼠⼦ ガラス展

江波冨⼠⼦「⿅の⼦⾖Rグラス」(⼝径8×⾼さ8.8cm)

神奈川県三浦市に⼯房を構えて以来、レースとムッリーニを中⼼としたヴェネツィアンの技法で制作を続ける⼩⻄潮と江波冨⼠⼦。⾃然に恵まれた三浦で制作できることの喜びを感じつつ、近年ではニューヨークをはじめイタリア、スイスなどでも展覧会を⾏っています。今展では、⼩⻄はレースの展開にゴジラカラーが加わり華やかさと渋さをまとった作品を出品。江波からは1年間のヴェネツィア滞在を経てムッリーニ技法の楽しさが深まった作品が登場します。この機会にぜひご覧ください。

5⽉12⽇(⽔)〜 18⽇(⽕)
※催し最終日は午後4時終了

武内祐⼈展

「Painting01」(縦33.3×横24.2cm)

"I wish you are always smiling."今回の作品もテーマは“笑顔”。笑顔は頑張ったその先にあると信じている武内が、頑張ることを諦めてはいけないというメッセージを、またいろいろな思いを作品で表現しています。「笑顔を伝えるために、⾃分⾃⾝精⼀杯楽しんで描きました。ここからまた笑顔が誰かのもとに届き、広がること願っています」と語る武内のアクリル画約40点をお楽しみください。

インスタライブ
◎5月11日(火)午後8時10分~
ひと足早く『武内祐人展』の会場より、インスタライブを配信します。
作者本人も登場いたしますので、ぜひご覧ください。

※インスタライブの視聴にはインスタグラムのアカウントが必要です。

5⽉12⽇(⽔)〜 18⽇(⽕)
※催し最終日は午後4時終了

⼩島有⾹⼦ガラス展
― LAYERS ―

「Layers of Light -Water-」(幅25×奥⾏6×⾼さ25cm)

多摩美術⼤学を卒業後、富⼭ガラス造形研究所で学び、創作活動を開始。第4回現代ガラス⼤賞展富⼭2011にて⼤賞を受賞するなど、国内外で活躍する⼩島有⾹⼦。その作⾵は建築資材の板ガラスを貼り合わせて削る“積層ガラス”の技法を⽤いています。今回は⾃然の光をテーマにしたオブジェを中⼼に、気軽に飾っていただけるオーナメントやアクセサリーなど約50点を展⽰・販売します。

5⽉19⽇(⽔)〜 25⽇(⽕)
※催し最終日は午後4時終了

愛しき⼦供たち物語
櫻井幸雄 絵画展

「出番のないベンチ(タイムリーヒット)」
(F6号、縦32×横41cm)

新潟県出⾝の画家・櫻井幸雄。美しい⽇本の景⾊を背景に愛らしい⼦どもたちが描かれたノスタルジックな世界観が⼈気を集めています。今回は“出番のないベンチ”シリーズを中⼼に、広⼤な⾵景の中のこどもたちの情景を油彩画・パステル画で約20数点展⽰します。

5⽉19⽇(⽔)〜 25⽇(⽕)
※催し最終⽇は午後4時終了

備前 中村眞・和樹 ⽗⼦展

中村眞「備前徳利」(直径10×⾼さ11.4cm)
「備前酒呑」(直径8.1×⾼さ3.5cm)
中村和樹「備前窯変三⾓徳利」(直径9.3×⾼さ11.2cm)

酒器の名⼯と謳われた陶芸家・中村六郎を⽗に持つ備前焼の中村眞と、その息⼦・和樹による⽗⼦展。今展では茶陶や⾷器などを中⼼に、花⼊・徳利・酒呑など約100点を展⽰します。⼟味を⽣かした焼成による味わい深い作品の数々をお楽しみください。

5⽉26⽇(⽔)〜 6⽉1⽇(⽕)
※催し最終日は午後4時終了

今井和世 絵画展

「Flora」
(額サイズ:縦62×横72cm、絵サイズ:縦46×横55cm)

国際基督教⼤学在学中から作品制作を開始。2000年に⼋ヶ岳に移住し「アトリエ空詩⼟」を構え、野の草花、⿃などをモチーフに主に⽔彩画と版画の創作活動を続ける画家・今井和世。「季節が巡ることにこんなに励まされた1年はなかったように思う。空と⼟のあいだで出会った草花の姿をただ追いかけて描きました。消えてしまいそうな⼀瞬を掬い取りたいと願いながら」と話します。今回は⾝近な⾃然にインスパイアされた、詩情あふれる作品約40点を出品します。

5⽉26⽇(⽔)〜 6⽉1⽇(⽕)
※催し最終⽇は午後4時終了

九⾕筆細字 ⽥村星都 作陶展

「細字古今集四季歌⿃摘⾹爐」(径9.8×⾼さ15.5cm)

筑波⼤学を卒業後、⽑筆細字の三代⽬、⽥村敬星に師事。その後、⽯川県⽴九⾕焼技術研修所実習科修了、⽯川県⼩松市に⼯房を構える⽥村星都。⽗から受け継いだ九⾕⽑筆細字の伝統技法を⽤いて制作した、茶道具や⽇常使いの器など約60点を展覧します。

9階催場

5⽉12⽇(⽔)〜 17⽇(⽉)
※催し最終⽇は午後6時閉場

北斎漫画と現代アート
―アートに出会う ART HANKYU 2021―

船越桂
《海にとどく⼿ Hands Can Reach the Sea》
2016年、楠に彩⾊・⼤理⽯・雑⽊、193×112×89cm
©Katsura Funakoshi、Courtesy of Nishimura Gallery
撮影:⻫藤さだむ

北斎漫画 三編「⾵神」

驚嘆! 興奮! 衝撃! ⾒逃すことのできないアートの⼒を体感する6⽇間。今だからこそ観る⼈々に新たな活⼒を与えるアートとの出会いを、作品を⾒る楽しみとコレクションする喜びを、そしてアートの魅⼒を発信します。世界中の⼈々を魅了する葛飾北斎の北斎漫画から、国際的に活躍するアーティストの作品まで、多彩な現代アートが登場。またイベント期間中には、画家・⼤宮エリーが北斎をテーマにライブペインティングを披露します。

※営業時間、催し内容、開催期間が変更になる場合がございますのでご了承ください。

Copyright © HANKYU HANSHIN DEPARTMENT STORES, INC.
All Rights Reserved.