第7回 時をかけるあん

十あん十色の
                        あじわい

  • どら焼き
  • 大 福

どら焼き

東京「浅草 梅園」

栗粒がたっぷり!栗きんとんのあんと、
香り豊かな黒糖入りの生地が好相性。

栗きんとんどら焼(1個)270円
どら焼(1個)270円

東京「玉英堂彦九郎」

1576年創業、東京・人形町の甘酒横丁で愛される老舗。小豆の食感を生かしたつぶあんを、ふわふわ食感の皮でやさしく包んで。

虎家喜(1個)335円

大阪「あん小屋どらサン」

あんと皮の幸せな組合せに、バターの塩味がアクセント。白あんにビターチョコを混ぜたオリジナルのチョコあんも。

どらサンあんバター(1個)201円
どらサンチョコあん(1個)201円
各日正午から販売

静岡「石舟庵」

単一品種・単一生産者にこだわった、十勝壱カラットの小豆“エリモショウズ”。ふっくら炊いたつぶあんを、石臼で挽いた抹茶の香る蒸しカステラで包んで。

富士の大地(1個)216円

小豆の産地・品種の違いを知る

京都「丹波鶴屋(足立音衛門)

小豆大粒の高級品種の丹波大納言、畑の宝石と呼ばれる希少品種の馬路大納言、丹波大納言の中でも一部の地域で受け継がれる春日大納言、それぞれの味わいを楽しんで。

丹波大納言小豆のどら焼き(1個)378円
馬路大納言小豆のどら焼き(1個)540円
春日大納言小豆のどら焼き(1個)540円

小豆の産地・品種の違いを知る

大 福

兵庫「髙山堂」

黒豆の甘露煮のしっとりした食感とつぶあんがマッチ。やわらかい求肥との一体感を楽しんで。

丹波黒豆大福(1個)260円

甘さを抑えたあんが、栗の甘露煮の風味を引き立てて。

栗大福(1個)216円

各日午前11時から販売

小豆の産地・品種の違いを知る

東京「榮太樓總本鋪」

程良い硬さまで煮た北海道産の黒豆とつぶあんのハーモニー。

黒豆大福(1個)249円

小豆の産地・品種の違いを知る

東京「青木屋」

塩で甘さを引き立てたつぶあんを使って。歯ごたえを残した赤えんどう豆と柔らかい大福のコントラストがくせになる。

塩あん豆大福(1個)181円

小豆の産地・品種の違いを知る

福岡「石村萬盛堂」

熊本天草の塩を効かせた赤えんどう豆と独自の配合でブレンドした特製のこしあんの絶妙なバランス。

塩豆大福(1個)151円

岐阜「本家豆大福達摩だるま 堂」

こだわりのつぶあんともちに合うように、厳選した黒豆を混ぜ込んで。

名物豆大福(6個入り)821円

小豆の産地・品種の違いを知る

大阪「餅匠しづく」

毎朝、丹波の黒豆を塩茹でし、杵と石臼でついたお餅でこしあんを包みました。

黒豆餅(1個)303円

柔らかく煮た渋皮付きの栗を、つぶあんと薄皮の求肥で包んで。

栗大福(1個)303円

各日午後1時から販売

小豆の産地・品種の違いを知る

北海道「美好屋」

有名ハンバーガー店のメガサイズの
ハンバーガーをヒントに。

MEGA大福〈豆〉(1個)432円
MEGA大福〈草〉(1個)432円

小豆の産地・品種の違いを知る

東京「麻布青野総本舗」

ほっくり炊き上げた栗と、大粒の小豆にこだわったつぶあんの食感が魅力。

栗はぶたえ(1個)270円

東京「みずの」

東京・巣鴨の名物、塩大福。季節に合わせて塩加減を調整することで、さっぱりした後味に。石臼でついた餅は絶妙な味わい。

元祖 塩大福(1パック、5個入り)651円

滋賀「菓匠 禄兵衛」

ほんのり塩味を効かせた北海道産の赤えんどう豆となめらかなこしあんが相性ぴったり。

豆大福(1個)216円

大粒小豆のふっくらとした柔らかな食感と、豆本来の味、よもぎの風味を楽しんで。

黒さや草餅(1個)432円

神奈川「日影茶屋」

大粒の小豆を甘さ控えめに炊き上げ、
羽二重糯を使った柔らかな生地で包んで。
焼き目を付けることで、香ばしく。

日影大福(1個)216円

小豆の産地・品種の違いを知る

山形「木村屋」

自然豊かな、鶴岡産の栃の実を練り込んだ香ばしいもちに、刻み栗入りのこしあんを包んで。どこか懐かしさを覚える味わい。

栃栗大福(1個)141円

小豆の産地・品種の違いを知る