第7回 時をかけるあん

東京「塩瀬総本家」

創業から670年。大和芋を使った皮で甘さ控えめのこしあんを包み、丁寧に蒸し上げて。

志ほせ饅頭
(5個入り)648円

福島「柏屋」

創業170年、愛され続ける「柏屋」のこしあんを惜しみなく包んで。

柏屋薄皮饅頭こしあん(5個入り)681円

岡山「大手饅頭伊部屋」

甘酒の香り、こしあんのまろやかな口当たり。蒸すことで、しっとり上品な仕上がりに。

大手まんぢゅう(4個入り)341円

小豆の産地・品種の違いを知る

山形「あんちん堂」

十勝産小豆を炊き上げた、約4.5㎝角の大きなきんつば。シンプルな小豆と栗入りも。

デカ金つば栗(1個)350円
デカ金つば(1個)301円

小豆の産地・品種の違いを知る

東京「新正堂」

たっぷり挟まれたあんがインパクト大。
もちもちの求肥を包んで。

切腹最中(5個入り)1,453円

新潟「くさのや」

上杉謙信公に由来するお団子。香り豊かな熊笹で包んで。

笹だんご(5個入り)756円

奈良「本家菊屋」

豊臣秀吉をもてなす茶会のために作られたといわれるお団子。一口サイズなので、手土産にも。

御城之口餅(6個入り)701円

小豆の産地・品種の違いを知る

岡山「古見屋羊羹」

かつて全国の大河清流で見られた高瀬舟の“結ぶ心”を今に伝える「古見屋」の羊羹。

高瀬舟羊羹(7個入り)390円

秋田「山田桂月堂」

一度見たら忘れられないオリジナリティあふれる形。秋田県産枝豆の風味豊かな味わい。

おおだてえだまめモナカ(6個入り)970円

佐賀「村岡総本舗」

伝統製法のようかんを自家製あんとカステラで挟み、5層に。あんとカステラの豊かな甘さが魅力。

シベリア(2個入り)486円

兵庫「丹波栗菓匠 大福堂」

丹波栗を刻み、白あんと合わせた特製の栗あんを包んで、こんがりと焼き上げて。インパクトのあるとても大きな栗饅頭。

大栗(1個、約80g)540円

京都「中村製餡所」

手焼きならではのパリパリ食感を楽しめる最中をセットに。あんを好きなだけ詰めて、召し上がれ。

あんこ屋さんの最中セット
(各10個分〈こしあん、白あん、つぶあん〉)各1,301円

小豆の産地・品種の違いを知る

石川「あんの真田」

“奥能登の宝石”といわれる能登大納言小豆を使った定番から、加賀野菜のやさしい甘さを生かした変わり種あんまで。

①能登大納言つぶあん(1個、120g)724円
②加賀棒茶あん(1個、150g)724円
③五郎島金時芋あん(1個、150g)724円
④赤皮甘栗かぼちゃあん(1個、150g)724円

京都「都松庵」

良質な水を使い、小豆の自然な味わいを
生かして。甘さを控えることで、トーストやアイスなどの“ちょい足し”にぴったり。

①丹波大納言つぶあん(260g)681円 ②都あんこ(35g×3袋)251円