世界のお茶時間を楽しむ ワールド・ティー・フェスティバル2022

欧米のティータイム 文化と歴史 - 紅茶とお菓子

欧米へのお茶の伝来の歴史、
喫茶文化を展示とともにご紹介。
人気の紅茶ブランドも集結。

英国

お茶が広まったのは、1657年ロンドンの『ギャラウェイ・コーヒー ハウス』。当時は男性だけが入れる場所だったため、お茶は男性の飲み物だった。また、1730年頃には新たな社交場として『ティーガーデン』が広まり、女性を中心に喫茶習慣が確立。 英国の豊かな紅茶文化に繋がっている。

1851年創業の英国陶器ブランド。版画の手法と同じ“銅板転写”で、一つひとつに絵付けして。

「バーレイ」

a.グリーンプルナス ティーポットS(約580ml)13,200円
b.グリーンプルナス カップアンドソーサー(約220ml)5,500円
c.ピンクアジアティックフェザンツ プレート中(直径約22cm)
3,960円など

英国菓子研究家・砂古玉緒による伝統焼き菓子。ドライフルーツをたっぷり使って焼き上げたファットラスカルなどをご用意。

「英国菓子 ブリティッシュプディング」

d.田舎の大きなスコーン(直径7cm、1個)324円
e.ファットラスカル(直径7cm、1個)432円
f.ビクトリアサンドイッチケーキ(1切)648円など
[日本国内で生産] ※サイズは目安です。

大英博物館の目の前にお店を構えるティーハウス。オリジナリティーあふれるブレンドが愛されて。

「カメリアズ ティーハウス ロンドン」

Challiho-チャリホ-(80g)3,078円

オンラインストア

1886年、ウォルター・ウィッタードが立ち上げた老舗紅茶ブランド。

「ウィッタード オブ チェルシー」

ウィッタード イングリッシュローズ キャディ(100g)
3,132円

オンラインストア

英国のマナーハウスでサーブされているブランド。りんごなどの果実味溢れる人気のハーブティー。

「スキティー」

アップルラブズミント(80g)
1,501円
 

オンラインストア

1600年エリザベス1世の勅命により設立。エリザベス女王在位70年を記念したデザイン缶に。

「ザ イースト インディア カンパニー」

クィーンズ・プラチナブレンド(100g)2,916円

オンラインストア

“軟水に合うおいしい紅茶”がコンセプト。日本の水とも相性ぴったり。

「ウェルシュ・ブリュー・ティー」

ティーバッグ・キャディー(80包入り)3,024円[限定100]

現地で愛され続ける英国老舗紅茶商、リントンズ。オリジナルのハーブティーが日本初上陸。

「リントンズ」

レモン&ジンジャー(25包入り)1,296円

フランス

フランスにお茶が伝わったのは1635年、オランダ東インド会社が持ち込んだことがきっかけ。1770年にはマリー・アントワネットの結婚式でお茶がふるまわれた。花や果実、スパイスなどを使ったフレーバーティーが愛されているのは、“香りの国”フランスならでは。

パリの中心地、ヴァンドーム広場のすぐ横に店を構えるブランド。ティーブレンダーこだわりのフレーバーを。

「ニナス」

ニナス ロイヤルシークレットボックス(9種・各5包入り、原産国:スリランカ)7,560円

オンラインストア

17世紀、フランス国王ルイ14世から国内での紅茶の独占販売権を与えられたブランド。

「ダマンフレール」

アルティチュード(100g)3,780円

オンラインストア

1862年創業。カフェとパティスリーを融合させたサロン・ド・テの歴史を築いて。

「テ by ラデュレ」

ポンパドゥール(100g)
4,860円


オンラインストア

“茶”に魅せられたフランス人女性が1990年に立ち上げた、リヨンに店を構える紅茶専門店。

「チャユアン」

TEA BAG 5種アソートセット(各5包入り)2,808円[各日限定50]

オンラインストア

デンマーク

1616年にインドとの貿易を開始。北欧にお茶を広めたのは、オランダ人やデンマーク人だといわれている。コーヒーのイメージが強いデンマークだが、家族や友人との時間を大切にする文化“ヒュッゲ”のひとときには、紅茶を楽しむことも。

130年続く老舗紅茶屋。パッケージ買いしたくなる可憐な色使いとデザイン。

「ウスターランスク」

a.キスミークイック/b.コロンビーヌ/c.マーメイド/d.ストロベリークリーム (いずれも2.2g×12包入り)各2,700円

オンラインストア

コペンハーゲン・クラウンプリンセス通りで創業。デンマーク王室に愛される紅茶専門店。

「エー・シー・パークス」

イブ・アントーニ ヒュッゲブレンドティー(150g)3,240円

オンラインストア

オーストリア・ドイツ

ドイツにお茶文化が入ってきたのは、17世紀初頭。いまでは、ヨーロッパのお茶貿易の中心地に。オーストリアやドイツでは、バラの実のお茶を飲んでいたといわれ、これが発展してフルーツティーが盛んになったのだとか。


ウィーンの紅茶専門店。ばらの花びらやりんごなどを使ったフルーツティーが登場。

「ハース&ハース」

センテッドローズ(100g)1,944円

オンラインストア

ブレンド、フレーバー技術に定評がある老舗。カカオとモルトウイスキーの濃厚なフレーバーを。

「ロンネフェルト」

アイリッシュモルト(100g)1,944円

オンラインストア

アメリカ

オランダから紅茶が持ち込まれた後、18世紀後半には英国の影響で紅茶ブームが到来。1733年、アメリカの独立を導いたボストン茶会事件は歴史の授業で学んだ方も多いはず。

時代性とオリジナリティーを兼ね備えた、ニューヨークのセンスを感じるブレンド。

「ハーニー&サンズ」

ブラックキャスク・バーボン(2g×20包入り)2,916円

オンラインストア

オーストラリア

英国文化を引き継いだオーストラリアでは、紅茶は一日に何杯も飲むくらい身近な存在。また、奥地では、原住民がブリキの缶に茶葉と湯を沸かし、濃く煮出した紅茶を飲む習慣があるのだとか。

メルボルン生まれのブランドから、ザクロを使ったフルーツティーなどをご用意。

「ティーツー」

a.メルボルンブレックファスト(2g×10包入り)/b.フレンチアールグレイ(2g×10包入り)/c.ザクロティー(3g×10包入り)
各1,080円

オンラインストア

紅茶とともに楽しむ
						お菓子もご用意。

a.オランダ「ホーランドオリジナルワッフル」ストループワッフル
b.オランダ「ドロステ」パステルロール(ミルク、ダーク)
c.スイス「カーギ」ミニダブルチョコバッグ
d.フランス「フォシエ」ピンクビスケット&ダークチョコ
e.フランス「サンミッシェル」グランドガレット
f.ポーランド「カーレッティー」オレンジスティックチョコ
g.ベルギー「ベルメーレン」カラメルビスケット オリジナル
h.英国「ウォーカー」ショートブレッドフィンガー
i.デンマーク「コペンハーゲン」ダニッシュミニクッキーなど

英国・スコットランドの伝統菓子、ショートブレッドでティータイムをもっとおいしく。

「リーズ・オブ・ケイスネス」

ショートブレッド(各150g入り)各843円
a.オールバター[限定500]
b.ホワイトチョコ & ヘーゼルナッツ[限定200]

会場には
						紅茶にまつわる
						歴史や文化を巡る
						展示コーナーが登場
						展示協力・監修:Cha Tea 紅茶教室

茶器の変遷を
たどって

17世紀頃、お茶とともに輸入された“ティーボウル”と呼ばれる茶器をはじめ、時とともに進化してきた多彩な茶器を展示。

“茶葉”で占い?

英国では19世紀、ティーカップに残った茶葉のかたちで未来を占う、ティータイムの遊びが楽しまれていた。その占い専用のカップなどをご紹介。

  • ※イベントは事情により中止・変更する場合がございます。
  • ※表示価格は、消費税を含んだ税込価格です。
  • ※商品によりご購入個数を制限させていただく場合がございます。
  • ※商品は多数ご用意しておりますが、売切れの節はご容赦くださいませ。
  • ※販売予定数は事情により変更する場合がございます。
  • ※写真はイメージです。