• 総合
  • 各階コトコトステージ
  • 婦人服
  • 時計・メガネ
  • バッグ・シューズ・アクセサリー/ジュエリー・服飾雑貨
  • 化粧品
  • スポーツ・紳士服
  • こども服・呉服
  • リビング用品 ・美術
  • うめだスーク
  • フード
  • レストラン・カフェ

西陣織元の伝統美

  • 更新日: 2018/10/23
  • mixiチェック

  • ◎10月24日(水)~11月6日(火)  
  • ◎11階 コトコトステージ113
京都「桝屋髙尾」が今に伝える“ねん金綴帯”をご紹介。

尾張徳川家で代々伝えられてきた名物裂“黄金のねん金袱紗”。1970年代後半、京都・西陣の織屋「桝屋髙尾」は徳川美術館から、この袱紗の復元を依頼され研究と試行錯誤を重ね、素材までも手作りし現代の織の技術で復元を成し遂げました。
作り上げた素材は真綿糸を芯に細く裁った金箔を丁寧に巻きつけた”ねん金糸”。その後、“彩ねん金糸”へと進化。この糸を緯糸にして織り上げたねん金綴錦とともに国内外で高く評価され、「桝屋髙尾」の代表的な作品となりました。

「桝屋髙尾」袋帯右から)518,400円 734,400円

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
トップページへ戻る